高分子吸着剤の市場規模、2026年に1億6200万米ドル到達予測

高分子吸着剤の市場規模は、2021年の1億2000万米ドルからCAGR6.18%で成長し、2026年には1億6200万米ドルに達すると予測されています。市場は、粉末活性炭に代わるものとして、製薬、食品・飲料、工業用途での消費が増加していることから、今後大きな成長が見込まれています。また、USFDAやCEFICなどの政府機関は、医薬品や食品・飲料の精製・分離プロセスに厳しい規制を設けており、このような状況が高分子吸着剤の消費を促進しています。

COVID-19による高分子吸着剤市場への影響

2020年の高分子吸着剤市場は、COVID-19パンデミックによる影響は非常に少なく、CAGRの低下は名目的なものでした。また、2021年第1四半期の高分子吸着剤市場は、2020年と比較して、製薬、工業、食品・飲料業界の精製用に需要が増加しています。

牽引要因:製薬、食品・飲料業界からの高い需要

高分子吸着剤は、主に食品・飲料業界や製薬業界の精製・分離プロセスに使用されます。抗生物質などの医薬品や、クエン酸やビタミンなどの食品・飲料の精製では、不要な成分を除去し、高品質な製品を取り出すことが求められます。高分子吸着剤は、他の吸着剤に比べて、汚染のない成分を効率よく抽出することができます。また、苛性ソーダや酸性ソーダにも耐性があり、食品・飲料や医薬品の精製・分離に適することから市場を牽引しています。

抑制要因 原材料価格の乱高下

高分子吸着剤は、ポリスチレンを主成分とするポリマービーズに、スルホン酸基をつけて陽イオン交換体としたり、アミン基をつけて陰イオン交換体としたりするものです。ポリスチレンは、モノマーであるスチレンから作られる芳香族炭化水素系の高分子です。したがって、ポリスチレンの入手可能性と価格は、石油業界の変動するトレンドに直接影響を受けます。高分子吸着剤市場は、不確実な原材料価格、変動するエネルギーや物流コストにより、価格動向が変動しています。

市場機会:工業用途での高分子吸着剤の需要増加

高分子吸着剤は、水系・非水系河川からのフェノールや置換フェノールの除去、複素環アミンの回収、アルカノールアミンの精製、ベンゼン・トルエン・キシレンの回収、有機河川やクラフトパルプ工場排水の脱塩素化、過酸化水素の精製などの産業用途に使用されています。煙道や有毒ガスの排出に関する政府の厳しい規制により、世界の化学業界は浄化プロセスに優れた吸着技術を採用する必要に迫られています。そのため、平均細孔径の点で活性炭よりも優れている高分子吸着剤が好まれています。このような特性は、将来的に高分子吸着剤メーカーに有利な成長機会をもたらすと期待されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]