マイクロカプセルの市場規模、2026年に134億米ドル到達予測

マイクロカプセルの市場規模は、2021年の84億米ドルからCAGR9.8%で成長し、2026年には134億米ドルに達すると予測されています。同市場は、医薬品・ヘルスケア、食品、家庭用品・パーソナルケア、繊維、農薬など、さまざまなエンドユーザーの産業分野で高い成長が見込まれています。 マイクロカプセルを製造しているメーカーは、製品の品質を向上させ、ビジネスセグメントの収益を拡大するために、製品の発売やビジネスパートナーシップに多大な投資を行っています。

COVID-19によるマイクロカプセル市場への影響

パンデミックは、マイクロカプセル市場のバリューチェーンの様々な要因に影響を与え、2020年の市場に影響を与えると推測されます。

マイクロカプセルは、医薬品業界において、腎疾患、心血管疾患、大腸がん、炎症性腸疾患、貧血などの治療に幅広く使用されています。また、ホルモン療法、消化器疾患、糖尿病、肺疾患、歯周炎、高血圧症などにもマイクロカプセル化された薬剤が使用されています。製薬業界は、パンデミック時も稼働していましたが、原材料の供給や物流の制限などの課題を抱えています。

食品業界では、各種ミネラルやビタミンが、シリアル、乳製品、ベーカリー製品、ヨーグルト、乳児用食品などの機能性食品に、栄養価を高める目的で添加されています。また、オメガ3マイクロカプセルは、乳製品、育児用粉ミルク、業務用パンなどの食品に幅広く応用されています。これらの添加化合物は本来の風味を変えてしまう可能性があり、不快な味の原因となることがあります。このようなケースで、マイクロカプセルは、匂いや味のマスキングのために使用されています。また、マイクロカプセルを食品業界に応用することで、添加されたビタミンやミネラルを温度や湿度などの悪条件から保護することができます。COVID-19の状況下で、機能性食品や栄養補助食品の需要が大幅に伸びることが予想されるため、食品業界におけるマイクロカプセルの需要はプラスに働くと考えられます。

牽引要因:食品・飲料メーカーでのカプセル化技術の採用拡大

マイクロカプセルは、食品業界において、食品香料、ミネラル、アミノ酸、ビタミン、油脂、酸味料、その他の食品添加物のカプセル化に広く使用されています。また、食品・飲料業界におけるマイクロカプセル化は、食品の味、色、栄養価を維持しながら、保存期間を延ばし、食品の安定性を確保することを目的としています。例えば、牛乳に含まれるエイコサペンタエン酸(EPA)とドコサヘキサエン酸(DHA)の濃度は、マイクロカプセル化された魚油を添加することで、風味に悪影響を及ぼすことなく栄養を増加させることができます。しかし、魚油を直接牛乳に添加すると、風味が変わってしまう可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]