先進セラミックの市場規模、2026年に132億米ドル到達予測

先進セラミックの市場規模は、2021年の103億米ドルからCAGR5.0%で成長し、2026年には132億米ドルに達すると予測されています。APAC(アジア太平洋地域)、中東・アフリカ、南米におけるエレクトロニクス製品の需要増加、都市化、ライフスタイルの変化、人口の増加などを背景に、従来の材料よりも優れた代替材料の需要が増加していることが、先進セラミック市場を牽引しています。

COVID-19が先進セラミック市場に与える影響

先進セラミックは主に電気・電子分野で使用されており、コンデンサ、絶縁体、集積回路パッケージ、圧電部品、トランジスタ誘電体などの電子部品やその他の機器の製造に使用されています。また、ディーゼルエンジンのカムローラー、クラッチ、スパークプラグなどの製造にも使用されています。

電気・電子業界では、原材料の入手困難、物流の滞り、労働力の低下などにより、電子部品の製造・加工施設が休止していました。中国は、完成した電子製品の製造に使用される電子部品の最大の生産国であり、輸出国でもあります。中国での生産停止により、米国や欧州の電子機器メーカーも完成品の生産を一時的に停止せざるを得なくなり、世界市場における電子機器の需要と供給に影響を与えました。消費者の店舗への足取りが減り、人手不足とともに電子機器の売上が急激に減少しました。

牽引要因:先進セラミックスによって強化されたエンドユース産業の高成長

先進セラミックは、アルミニウムや鉄など他の材料に比べて耐食性に優れているため、航空機や自動車、軍需品などのメンテナンスコストの削減につながります。そのため、航空宇宙、エネルギー・電力、自動車、電子機器、軍事・防衛など、さまざまなエンドユーザーの業界で好まれる材料となっています。熱膨張は、様々なエネルギー・パワー、航空機、防衛、および自動車部品において、高温な環境で発生する一般的な欠陥であり、その結果、部品の破損につながります。先進セラミックは、従来の合金や金属と比較して、同じ環境下に置かれた場合の熱膨張率が非常に小さいという特徴があります。この要因により、最終用途産業での使用につながっています。

抑制要因:金属や合金に比べて高いコスト

先進セラミックのコストは、過去10年間、多くの産業で課題となってきました。セラミック価格は、大部分がセラミックファイバーのコストに左右されます。一方で、アルミナや炭化ケイ素の繊維の生産量は、非常に少なく、一方、航空宇宙、医療、軍事・防衛、海洋など、多くのエンドユーザーで複合材料として使用されています。セラミック繊維の生産が遅れると、炭化ケイ素の価格が上昇し、先進セラミック市場の成長が抑制されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]