病院キャパシティ管理ソリューションの市場規模、2026年に70億米ドル到達予測

病院キャパシティ管理ソリューションの市場規模は、2021年の32億米ドルからCAGR17.1%で成長し、2026年には70億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長は、主に、病院における収容力管理の向上の必要性、高騰する医療費の抑制の必要性、患者のケアと安全性に対する需要などによってもたらされています。また、慢性疾患やCOVID-19の増加に伴う患者数の増加や、法規制遵守の必要性も、この市場の成長に貢献しています。

COVID-19が病院キャパシティ管理ソリューション市場に与える影響

COVID-19パンデミックにより、大量の感染患者が医療施設を訪れるようになりました。2021年5月現在、アフリカ、アジア太平洋、アメリカ、ヨーロッパ、オセアニアで1億5600万件以上のCOVID-19の感染が報告されています。このウイルスによる死亡者数は約320万人にのぼります。COVID-19パンデミックにより、欧州全域、米国、インド、オーストラリアなどの多くの国で、入院患者数の急増が報告され、ベッド、機器、病院スタッフの不足が発生しました。これにより、スタッフ、ベッド、機器の管理を改善するために、病院キャパシティ管理ソリューションの需要が高まっています。

牽引要因:医療費抑制の必要性

世界各国の政府や医療機関は、労働力管理や資産管理などのキャパシティマネジメントソフトウェアを効果的に活用することで、患者の再入院や医療ミス、管理コストを最小限に抑え、医療費の高騰を抑制することに注力しています。これらのソリューションの導入が成功すれば、世界中の医療機関で何十億ドルものコスト削減が期待できます。診察の遅れや患者の不適切なベッドの利用は、医療費を大幅に増加させます。そのため、病院キャパシティ管理ソリューションの導入は、医療費全体の削減に役立ちます。

抑制要因:発展途上国におけるITインフラの制約

コストの問題は、病院キャパシティ管理ソリューションの導入を阻む大きな要因の一つです。同ソリューションのセットアップには高いコストがかかります。システムのメンテナンスやソフトウェアの更新費用は、ソフトウェアのコストよりも高い場合もあります。ユーザーの要求に応じたソフトウェアのアップグレードを含むサポートおよび保守サービスは、経常的な支出となります。さらに、医療業界ではITに関する専門知識が不足しているため、エンドユーザーがプロバイダーネットワーク管理システムの効率を最大限に高めるためのトレーニングが必要となります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]