食品安全検査の市場規模、2026年に286億米ドル到達予測

食品安全検査の市場規模は、2021年の195億米ドルからCAGR7.9%で成長し、2026年には286億米ドルに達すると予測されています。食品業界は複雑でダイナミックな業界です。人口の継続的な増加と、それに伴う利便性の高い加工食品への需要に伴い、市場の成長が見込まれています。このような食品需要の増加に伴い、農家や食品メーカー、サプライヤーは、農産物や食品の生産量を増やし、品質を向上させる必要に迫られています。国連食糧農業機関(FAO)によると、増大する食糧需要に対応するためには、世界の食糧生産量を2050年までに70%増加させなければならないと考えられています。世界的な食糧生産量の増加は、原材料の調達から製品が消費者の手に渡るまでの段階ごとの食品安全管理が必要になります。消費者は、安全性を確保するために、品物を購入する際に認定を受けた食品を求めます。

COVID-19の食品安全検査市場への影響

COVID-19パンデミックは、安全で健康的かつ栄養価の高い食事の重要性を浮き彫りにし、食品市場に大きな影響を与えることが予測されます。パンデミックにより、フードセキュリティ、フードセーフティ、フードサステナビリティが、多大な影響を受けました。また、電子商取引を利用して食料品やレストランの食事の配達を依頼するケースが急増しています。ドライブスルーやピックアップサービスを確立しているレストラン経営者は、これらのサービスを持たない競合他社よりもはるかに良い業績を上げています。さらに、消費者の食に関する行動が大きく変化し、安全性や品質への関心が高まっています。メーカーは市場での製品価値を維持するために、食品の安全性の評価に注力しています。

牽引要因:世界的な食中毒の発生件数の増加

食中毒は、マイコトキシン、病原体、酵母やカビなどに汚染された食品を摂取することによって起こります。サルモネラ菌、カンピロバクター菌、大腸菌、リステリア菌などの病原体が存在すると、食品の微生物学的安全性が損なわれ、食中毒の原因となります。さらに、英国では毎年、約100万人が食中毒にかかり、約2万人が治療を受けています。また、食中毒による死亡例は毎年約500件報告されており、その被害額は約20億米ドルに上ります。

抑制要因:検査技術の複雑さ

食品の真正性を検査するための既存の技術は、有効な検査結果を得るために様々な困難を伴います。多くの化学的検査では、未知の混入物を検出・定量化することができなません。研究室で利用可能なその他のスクリーニング方法は、未知の混入物を検出し、定量化するには不十分と報告されています。そのため、多くの市場関係者は、より効率的で効果的な技術を開発するため、研究開発に投資を続けています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]