細胞解離の市場規模、2026年に5億6100万米ドル到達予測

細胞解離の市場規模は、2021年の2億8200万米ドルからCAGR14.7%で成長し、2026年には5億6100万米ドルに達すると予測されています。この市場の成長は、主に、細胞を用いた研究の普及、製薬会社やバイオテクノロジー企業の増加によってもたらされます。

COVID-19による細胞解離市場への影響

COVID-19の発生以降、既存の製薬会社やバイオ製薬会社、小規模な新興企業が混在し、新型コロナウイルス感染症をターゲットとした治療法やワクチンの開発に乗り出しています。COVID-19の発生は、世界中の病院のリソースに大きな影響を与えました。病院は、他の疾患のための入院・外来サービスを大幅に削減し、感染予防・管理対策を実施することに注力しています。がん検診・診断の件数は急激に減少し、世界各国がパンデミックの影響を受けました。

牽引要因:バイオ医薬品企業の研究開発活動の活発化

バイオ医薬品業界の主要企業は、新薬を市場に投入するために様々な研究開発を行っています。そのため、これらの企業は、臨床試験、有効性研究、毒性研究などの研究活動に多額の投資を行っています。これらの研究の大半は、一次組織から細胞を分離するために、組織溶解剤を必要としています。

市場機会:新興市場における成長

中国、インド、ブラジルなどの新興国市場は、細胞解離市場のプレーヤーに大きな成長機会を提供しています。これらの国では、ライフサイエンス分野の研究開発が活発化しているため、今後数年間で高い成長が見込まれています。例えば、インドの製薬会社は、新薬を市場に投入するための研究開発に多額の投資を行っています。インドを拠点とする製薬会社Cadila Healthcareは、2020年、研究開発に1億1300万米ドルを費やし、その額は前年度比13%増加しました。同様に、Bioconは、2020年に研究開発費として5879万米ドルを費やしており、前年度比52%増加しています。このような投資が、同国における細胞解離製品の需要を拡大させています。

課題:細胞生物学の研究に関する倫理的な懸念

細胞生物学の研究では、動物や人間を使用する必要があります。遺伝子の組み換えを行う遺伝子治療研究や、幹細胞研究の治療法には、動物や人間の細胞が使用されます。また、これらの細胞は、動物や人間に害を及ぼす可能性のある薬剤のin vivo毒性試験や薬物動態試験にも使用されます。さらに、幹細胞研究では、臨床応用のためにヒトの胚を使用しますが、その胚はしばしば破壊されています。こういった活動を監視するために、世界各国の倫理当局によって厳しい規制が策定されています。研究における倫理的な問題や、細胞を研究に使用することへの制限が、世界各国の細胞生物学研究を抑制しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]