航空宇宙用ベアリングの市場規模、2026年に147億米ドル到達予測

航空宇宙用ベアリングの市場規模は、2021年の96億米ドルからCAGR8.9%で成長し、2026年には147億米ドルに達すると予測されています。航空宇宙用ベアリング市場の成長は、発展途上国における航空産業の拡大と成長に起因しています。世界的な航空旅客数の増加や航空機の移動量の増加は、航空宇宙用ベアリングの売上を押し上げます。この市場で事業を展開している企業は、燃料効率の高い軽量ソリューションに注力しており、セラミックベアリングやハイブリッドベアリングを開発するための材料技術への投資を増やしています。

COVID-19による航空宇宙用ベアリング市場への影響

COVID-19の突発的な発生は、様々な産業分野に影響を与えており、中でも航空分野は最も被害が大きい分野の一つです。パンデミックによる全国的なロックダウンはすべての地域に影響を与え、空の旅の制限は国内線と国際線に影響を与えました。また、不要不急の商品の輸送や流通チェーンにも大きな減速が見られ、産業活動が縮小しています。これは、各種航空機の販売や、ベアリングなどの部品のMRO需要にも影響を与える可能性があります。

世界的な経済成長の鈍化により、航空宇宙用ベアリング市場も一定の影響を受けています。COVID-19危機は、航空宇宙用ベアリング市場で活動する多くの主要プレイヤーに悪影響を与えています。アフリカやラテンアメリカなどの新興地域は、COVID19の影響で大きな打撃を受けました。アフリカでは、2020年に、航空宇宙産業と観光産業に従事する700万人のうち約500万人の雇用が失われました。ロックダウン規制と需要の低下により、航空宇宙用ベアリングメーカー全体で減産が行われ、2020年の市場は、37.6%の市場価値の減少を記録しました。航空宇宙ベアリング市場は、2022年以降、安定した成長を記録すると予測されます。

牽引要因:宇宙分野の成長と技術革新

資金調達の増加とコストの低下により、宇宙産業における、衛星ブロードバンド・インターネットアクセスの市場機会が増加することが考えられます。2020年の宇宙投資は256億米ドルと堅調に推移し、2021年も投資の勢いは治まることはなく、その市場規模はさらなる拡大が見込まれています。また、宇宙開発は、打ち上げコストの低減や技術革新により、2021年も進化と繁栄を続けると予想されます。長期的には、宇宙エコシステムに参加する企業がより多くの衛星を展開することで、コストは下がり続けると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]