EV充電ケーブルの市場規模、2027年に31億7300万米ドル到達予測

EV充電ケーブルの市場規模は、2021年の4億3100万米ドルからCAGR39.5%で成長し、2027年には31億7300万米ドルに達すると予測されています。電気自動車の導入の増加、電気自動車供給機器の急速な発展、高速充電ケーブルの需要の増加などが市場の成長を促進すると考えられます。

COVID-19 のEV充電ケーブル市場への影響

COVID-19発生当初は、サプライチェーン全体が混乱していたため、新車の生産と販売が停止しました。自動車メーカーは、生産を再開するために封鎖措置が解除されるまで待たなければならず、ビジネスに影響を及ぼしました。また、部品の製造が停止したため、小規模なTier II、Tier IIIメーカーは資金繰りの問題に直面しました。自動車産業は資本集約度が高く、事業継続のために頻繁な資金調達に依存しています。パンデミック発生中の生産停止や需要の減少は、電気自動車用充電スタンドのメーカーやサプライヤーにこれまでにない影響を与えることが予想されます。

COVID-19パンデミックにより、各国で2ヶ月以上にわたるロックダウンが実施され、その結果、自動車の生産にも影響が出ています。世界各地の製造拠点が閉鎖され、自動車の販売に大きな影響を与えました。大半の自動車メーカーは、限定的に生産を再開し、パンデミックのさらなる拡大を防ぐために必要な措置を講じています。一方、パンデミック期間中に電気自動車の販売は大きく躍進し、世界中でEV充電ケーブルの需要が高まりました。世界各国の政府が低公害車への乗り換えを促進したことで、EV充電ケーブルの需要が急増しました。また、多くの国では、州全体でEV充電ステーションや関連インフラを増やしています。

牽引要因:電気自動車導入の増加

電気自動車導入の増加により、充電インフラとEV充電ケーブルの必要性が強調されています。中国、米国、ドイツなどの主要な電気自動車市場では、より高速で効率的な充電方法の研究開発に加え、電気自動車やEV充電インフラへの投資が活発に行われています。自動車メーカーによる多額の投資は、電気自動車の需要増に対応するものであり、電気自動車用充電ケーブル市場の発展に大きな役割を果たすものと思われます。Tesla、Volkswagen、Mahindra & Mahindra、Ford、Nissan、BMW、General Motorsは、EVの開発に多額の研究開発予算を投じています。

抑制要因:EVワイヤレス充電の開発

ワイヤレス充電技術は、電気自動車が静止しているときや走行中に、道路からワイヤレスで充電することができます。電気自動車のワイヤレス充電は、車両の安全性に対する需要の高まり、プレミアムセグメントの車両需要の増加、半自律・自律走行車の開発、電気自動車の導入の増加などにより牽引されています。このようなEVワイヤレス充電の開発は、EV充電ケーブル市場の成長にマイナスの影響を与える可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]