温度制御包装(TCP)の市場規模、2026年に801億米ドル到達予測

温度制御包装(TCP)の市場規模は、2021年の344億米ドルからCAGR18.4%で成長し、2026年には801億米ドルに達すると予測されています。温度制御包装市場はヘルスケア分野により牽引されています。北米地域は、温度制御包装市場のヘルスケア分野において、圧倒的なシェアを占めており、さらにその需要は増加しています。

COVID-19の温度制御包装市場への影響

2020年のCOVID-19パンデミックの状況下で、温度制御包装市場は前年比4%成長しました。 COVID-19ワクチンを全世界に流通させるために、温度制御包装の需要が増加しました。企業は、ワクチン、テストキット、その他の重要な医薬品を出荷するための包装システムを開発しました。これらの製品の有効性は、温度の偏差によって損なわれます。COVID-19は、温度制御包装ソリューション市場のトレンドを加速させました。 ワクチン製造会社は、温度制御包装を提供する企業と協力して、ワクチンを出荷するためにカスタマイズされた包装ソリューションを開発しました。

牽引要因:COVID-19によるバイオ医薬品の成長

バイオ医薬品またはバイオファーマ製品は、動物、ヒト、微生物などの生物学的資源に由来するものです。ワクチン、酵素、組織、遺伝子治療、細胞治療などはバイオ医薬品の一例です。これらの製品は熱や湿度の影響を受けやすく、輸送や保管の際には低温での保存が必要となります。

ワクチンや細胞治療の輸送では、低温での輸送が求められます。2020年、COVID-19パンデミックにより、COVID-19ワクチン、細胞・遺伝子治療、その他のインフルエンザワクチンの需要が大幅に増加しています。全世界でのワクチンの出荷需要は増加し、温度制御包装市場の強化が必要とされています。ファイザー・バイオンテック社が開発したCOVID-19ワクチンは、超低温ワクチンであり、ワクチンの品質と効率を維持するために決められた温度で保存する必要があります。同社は、ソフトボックス・システムズ社と共同で、ワクチンを最大30日間保存できる再利用可能な超低温(ULT)シッパーを開発しました。ファイザー以外のバイオ製薬会社も、温度に敏感な製品を出荷するために、熱包装ソリューションプロバイダーと協力しています。

抑制要因:温度変化に敏感な製品の出荷に対する厳しい規制

医薬品の供給に関わるリスクの一つに汚染があります。米国食品医薬品局(FDA)は、製品の出荷を規制する権限を持ち、温度感受性の高い製品の流通手順についても言及しています。世界保健機関(WHO)は、世界各地で温度感受性の高い医薬品の出荷に関する規制を課しています。これらの規制は、適正流通規範(GDP)規制に該当します。製品の効率性を維持するために、規制はリスクの特定と最小化に焦点を当てています。また、さまざまなコールドチェーンポイントにおける道路および航空輸送のための管理もWHOの規制に含まれています。

包装システムが温度範囲を維持する能力を検証するために、標準的な試験が行われます。国際航空運送協会(IATA)によると、温度管理規則(TCR)には、温度に敏感な製品の、出荷前の政府規制、輸送会社規制、包装、その他のすべての情報と要件が含まれています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]