スマートファクトリーの市場規模、2026年に1349億米ドル到達予測

スマートファクトリーの市場規模は、2021年の801億米ドルからCAGR11.0%で成長し、2026年には1349億米ドルに達すると予測されています。産業環境におけるIoTや人工知能などに対する需要、生産活動におけるエネルギー効率、資源の最適化、コスト削減の重要性、産業用ロボットの需要の増加、製造施設を維持するための財政支援などが、スマートファクトリー市場の成長を促進する要因となっています。

COVID-19のスマートファクトリー市場に与える影響

2020年、COVID-19はスマートファクトリー市場にマイナスの影響を与え、そのコンポーネントやソリューションの出荷量と、収益が減少しました。その結果、2020年前半には市場の成長トレンドに落ち込みが見られました。しかし、2020年後半には、スマートオートメーションやエネルギー資源の効率化への関心から需要の増加が見込まれ、回復することが予想されます。

牽引要因:産業用ロボットの需要増加

産業用ロボットは、電子機器や機械の組み立て、製品テスト、マテリアルハンドリングなどの作業を行います。フォースセンサは、産業用ロボットが部品を挿入する際の確認、バフ研磨やバリ取りの際の力の維持、ローテーションテストや統計的プロセス管理(SPC)のための力データの収集、その他多くの機能を果たすのに役立ちます。センサーの小型化、自動車、電気・電子、金属・機械産業の自動化への流れ、発展途上国における産業用ロボットシステムの需要などが、産業用ロボット市場の成長を促進しています。同時に、産業用センサーの需要が増し、スマートファクトリーの成長をサポートしています。

抑制要因:多額の資本投資の必要性

従来型の製造施設を高度に進化させたスマートマニュファクチャリングユニットは、産業用オートメーション機器を円滑に機能させるために、高度な機械、ソフトウェアシステム、ITインフラを必要とし、さらに、高度な通信技術を導入するための莫大な資本投資が必要となります。これは、APAC(アジア太平洋地域)や南米などの資本に限界がある経済圏では財政負担につながる可能性があります。従来のシステムのアップグレードにかかる費用が、スマートファクトリーへの移行を抑制する要因の一つとなっています。小規模な企業にとって、既存のシステムを、高コストなシステムにアップグレードすることは実現不可能です。さらに、自動化ソフトウェアシステムは、タイムリーなメンテナンスとアップグレードを必要とします。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]