スポーツテクノロジーの市場規模、2026年に402億米ドル到達予想

スポーツテクノロジーの市場規模は、2021年の179億米ドルからCAGR17.5%で成長し、2026年には402億米ドルに達すると予想されています。近年、プロスポーツ団体は、スポーツデータ分析、スマートスタジアム、ウェアラブルデバイス、デジタルサイネージなどの新技術を採用し、チームのパフォーマンス向上、ファンの囲い込み、スマートインフラの提供などを行っています。スマートスタジアムは、世界中で開催されるスポーツイベントの数が増加していることから、重要なグローバルトレンドとなっています。

COVID-19のスポーツテクノロジー市場への影響

COVID-19の影響が医療、教育、金融、商業の各分野に波及する中、スポーツのエコシステムもその例外ではありません。世界中のスポーツ活動は、ウイルスの発生と拡散のために停止してしまいました。Euro2020で国内リーグが延期され、フランスやオランダのリーグも中止になるなど、ほとんどの国内外のスポーツリーグや大会が延期になりました。アスリート、チーム、リーグから、試合を放送・取材するメディア、ブランドやスポンサーまで、スポーツのバリューチェーンのあらゆる段階でマイナスの影響を受けました。その後、スポーツアリーナのファンの不参加など、いくつかの変化を伴いながら、2020年後半にスポーツ産業は活動を再開しました。COVID-19の影響が残る中、選手たちは誰もいない競技場でプレーし、ファンに対しては、より良い視聴体験を提供するための技術が用いられました。リーグやスポーツによって、ファンのエンゲージメントを高めるための方法は異なります。ライブアップデートの増加、ソーシャルメディアでのアップデート、カメラアングルの追加、VRヘッドセットの使用などが、ファンの視聴体験とエンゲージメントの向上につながりました。

2021年から2026年のスポーツアナリティクス市場の拡大

スポーツアナリティクスは、スポーツ組織の機能に重要な役割を果たしています。従来、練習・トレーニングセッションやライブの試合やトーナメントにおいて、スポーツ分析は、コーチや専門家によって行われていました。スポーツテクノロジーの進歩により、組織はチームやビジネス運営に関する意思決定を改善できるようになりました。これは、スポーツ分野の評価を高める要因の一つです。また、ファンがブログを書いたりレビューを投稿したりするためのソーシャルメディアプラットフォームの導入が進んでいることも、世界中でスポーツアナリティクスの需要を押し上げる要因と予想されます。

アメリカンフットボール・ラグビー市場は、最も高いCAGRで成長すると予想

ラグビーの試合では、IoT対応デバイスを使用することで、コーチや選手は、リアルタイムのゲームインサイトに基づいて意思決定を行い、選手の個々の要求に合わせたトレーニングセッションを設計し、各対戦相手に対してインテリジェントな戦略を実行することが可能になります。さらに、Sansible Wearables社は、ラグビー選手向けにLiveSkinを提供しています。これは、選手のショルダーパッドに装着するインテリジェントなセンサーで、トレーニングセッションや試合中の衝突情報を収集します。選手のタックル方法や、選手のパフォーマンスや健康への影響についての理解を深めることができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]