防爆照明の市場規模、2026年に4億7100万米ドル到達予測

防爆照明の市場規模は、2021年の3億4000万米ドルからCAGR6.7%で成長し、2026年には4億7100万米ドルに達すると予測されています。防爆照明市場の成長は、石油・ガス探査および拡張プロジェクトへの投資の増加、危険な環境下での従業員の安全性に関する政府規制、従来の照明システムから接続型照明ソリューションへの急速な移行、産業施設におけるLEDベースの防爆照明器具の採用などが要因となっています。

COVID-19の防爆照明市場への影響

防爆照明市場のサプライヤーは、北米、欧州、アジア太平洋、その他の多くの国に製造施設を持っています。これらの企業が提供する防爆照明製品は、石油・ガス、化学・製薬、食品・飲料、鉱業、エネルギー・電力などのエンドユーザー産業で使用されています。COVID-19は、防爆照明市場のプレーヤーの経営に影響を与えただけでなく、業界の企業のビジネスにも影響を与えました。世界各国の政府は、医療インフラの整備に力を入れるため、様々な分野への支出を削減しており、石油・ガスプロジェクトにおける防爆照明製品・ソリューションの需要は縮小すると予想されます。また、2021年には世界各国で産業施設の稼働率が大幅に低下するため、照明インフラのアップグレードが遅れる可能性があります。これらの要因は、防爆照明市場にマイナスの影響を与えると予想されます。

牽引要因:主要なエンドユーザー産業である石油・ガス、化学・製薬産業への投資の増加

石油・ガス産業は、爆発による資産の損失や損傷がコストの増加を防ぐため、防爆照明の主要なエンドユーザー産業となっています。今後、世界中で予定されているオイル・ガスプロジェクトにより、同業界では新しい防爆照明の需要が増加し、市場の成長を促進すると考えられます。また、化学・製薬業界では、可燃性物質が多く、照明器具内の火花と反応することで爆発につながる可能性があります。そのため、厚手のガラスカバーや防爆箱に収められた照明器具が使用されています。さらに、インドや中国などの新興国産業は急速に成長しており、高い投資を集めています。例えば、Invest India社によると、インドの化学・石油化学産業の市場規模は、2025年までに3000億米ドルに達すると予想されています。

抑制要因:防爆型LED照明器具の導入に伴う初期コストの高さ

防爆型LED照明の平均価格は500米ドル程度で、同様の蛍光灯照明器具の300米ドルと比べて高額です。効率的な照明ソリューションであるLED照明は、長期的にはコスト削減につながります。しかし、導入や設備にかかる初期費用は非常に高く、従来の照明に比べて約10倍のコストがかかります。近い将来、LED照明の大量生産と照明技術の進化により、その価格が大幅に下がることが期待されています。照明制御システムを導入すれば、照明コストを30〜60%削減できるだけでなく、照明の質を高め、環境への影響を低減することができます。LED照明を導入することの長期的なメリットを顧客に周知するため、メーカー、施設管理者、政府が努力を重ねる必要があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]