食品酵素の市場規模、2026年に31億米ドル到達予測

食品酵素の市場規模は、2021年の22億米ドルからCAGR6.4%で成長し、2026年には31億米ドルに達すると予測されています。環境問題への関心の高まり、都市化、可処分所得の増加、研究開発活動の進展などが、この市場の成長をもたらしました。また、酵素工学や遺伝子組み換え酵素の導入による進歩が、食品産業の成長を後押ししています。食品酵素の多機能性や、化学物質の消費量を削減するための技術革新が、市場の成長に寄与しています。

COVID-19の食品酵素への影響

COVID-19パンデミックにより、安全で健康的、かつ栄養価の高い食事の重要性が強調され、食品酵素が注目されています。食品酵素の主要企業は、地域ごとに生産拠点を設立し、流通のためのサプライチェーンの最適化を始めています。COVID-19の状況下で、機能性食品の需要が予想外に急増したため、メーカー、サプライヤー、小売業者は、市場での原材料の継続的な供給を確保するために苦労しました。

牽引要因:加工食品の需要増加

世界的に加工食品の需要が増加しているのは、アジア大陸を中心とした経済成長によるものです。加工食品市場の大幅な成長を支えているのは、中国とインドです。この地域では、中間層の人口が増加しており、多忙な生活と相まって可処分所得が増加していることも、この市場の成長に寄与しています。食品酵素の応用は、最終製品の鮮度を高め、コンビニエンスフードの保存期間を延ばすと同時に、風味、色、食感を保つことができます。

抑制要因:食品酵素の使用可能な温度とpHの制限

食品酵素の作用は、周囲の環境条件に大きく影響されます。温度が下がると反応速度が極端に低下し、熱による撹拌で食品酵素が変性します。また、食品酵素の動作範囲外にpHを変化させると、酵素活性が低下し、最終的には永久変性してしまいます。食品用酵素メーカーは、多様な温度とpHの範囲で作動する酵素を開発するよう努力していますが、すべての食品・飲料製造プロセスで酵素を使用するには、まだ長い道のりがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]