旅客情報システムの市場規模、2026年に410億米ドル到達予測

旅客情報システムの市場規模は、2021年の241億米ドルからCAGR11.2%で成長し、2026年には410億米ドルに達すると予測されています。旅客情報システム(PIS)市場の成長を促進する主な要因としては、乗客のリアルタイムな乗り換え情報など、インテリジェントな公共交通システムへの需要の高まり、接続性が向上したスマートフォンなどの携帯端末の広範な利用、広告や情報システムの利用の増加、乗客の体験を向上させるための技術的進歩、公共交通システムにおける都市人口や交通量の急増などが挙げられます。

COVID-19の旅客情報システム市場への影響

COVID-19の感染者数の増加は、運輸業界に打撃を与え、PIS市場の成長にも影響を与えています。各国政府が隔離対策を実施しているため、すべての輸送手段において輸送業界が大幅に低迷しています。電気自動車に関連するプロジェクトは現在停滞しており、テスラなどの電気自動車メーカーの多くは、需要がある人工呼吸器の生産に重点を移しています。IoTの応用は、車両のリアルタイム追跡や乗客のモニタリングフィードの提供を可能にし、新たな収益源を生み出しています。乗客のモニタリングフィードは、その移動履歴をチェックして、隔離の必要性を確認するのに役立ちます。企業は、物資や食品の配送を確保するために、もう一つの輸送手段としてドローンを利用しています。深圳に拠点を置くスタートアップ企業Pudu Technologyは、ドローンやロボットを使った薬や食事の宅配を実施することで、相互感染の低減を目指しました。 鉄道は、乗客の主要な輸送手段として、少数の乗客の移動に適する独立したコンパートメントの提供で、社会的な距離対策の適用が可能になりました_。コンパートメントごとの乗客の追跡により、ウイルスに感染した可能性のある乗客を検出するデータを提供することができます。

牽引要因:インテリジェントな公共交通システムの需要の高まり

乗客のリアルタイムな乗り換え情報を提供するインテリジェントな公共交通システムへの需要の高まりが、PIS市場の成長を牽引すると予測されます。交通サービス事業者や交通機関は、乗客の旅行体験を向上させるためにPISソリューションやサービスを導入しています。現在、公共交通機関では、全体的な運営効率と乗客の定着率を高めることが求められています。これは、乗客の体験レベルを向上させることで達成できます。乗客の満足度を高めるために、交通機関のサービスプロバイダは、リアルタイムのデータ利用や移動中のネットワーク接続などの新機能を提供することで、情報システムをアップグレードしています。

抑制要因:旅客情報システムの導入と維持にかかる高いコスト

PISシステムの全体的なコストには、導入コストと保守コストが含まれています。導入コストは主に、システムの設計、システムの動作に必要な機器の購入と設置、公開前のシステムの品質監視にかかるコストで構成されます。保守コストは、リアルタイムPISソリューションおよびサービスの運用・保守に必要なすべてのコストで構成されています。また、システムに電力を供給するために必要な電力コスト、システムのユニット間のデータ転送コスト、保守スタッフが業務を遂行するために使用する部品や機器からなる運用コストも含まれています。PISシステムのメンテナンスは、乗客や公共交通機関に関する情報が常に変化するため、特に注意が必要となります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]