データ可視化ツールの市場規模、2026年に102億米ドル到達予測

データ可視化ツールの市場規模は、2021年の59億米ドルからCAGR11.6%で成長し、2026年には102億米ドルに達すると予測されています。ビジネス上の意思決定を迅速に行うため、データをインタラクティブに表示したいというニーズの高まりや、企業が3D形式のデータと対話できるようにするため、拡張現実(AR)や仮想現実(VR)の開発が進んでいることなど、さまざまな要因がデータ可視化ツールの需要を押し上げています。

COVID-19のデータ可視化ツール市場への影響

データ可視化ツール市場では、業界プレイヤーが提供するツールにいくつかの進歩が見られました。製造業、小売業、エネルギー・公益事業などの市場では緩やかな減速が見られましたが、BFSI、政府、ヘルスケア・ライフサイエンスなどの市場では影響が最小限にとどまっています。COVID-19パンデミックにより、ニュースでは折れ線グラフ、棒グラフ、コロプレスマップなどの採用が増えました。シンプルなデータの可視化は、COVID-19パンデミックに関する情報を一般の人々に伝えるための最適の手段となりました。COVID-19危機の状況下における最も興味深い進展は、ダッシュボードの開発に優れた企業が、分析と意思決定のアプローチを一元化し、接続されたすべてのチャネルで拡大して見せたことです。

牽引要因:データのインタラクティブな表示に対する需要の高まり

今日、多くの組織で、大量のデータは、識別、収集、維持、共有というプロセスを経て採用されています。データ可視化ツールは、ビジネス上の意思決定プロセスを、迅速かつ簡素化するために使用されます。データは標準的な可視化機能を備えている必要があり、顧客の好みや傾向の特定、戦略的洞察の抽出、新製品と既存製品の需要と供給のバランスの維持などに利用されます。様々な業種の企業が、データを簡単に理解し、実用的なビジネスインサイトを導き出すために、データ可視化ツールを採用しています。クラウド上のデータ可視化ツールは、企業がデータ分析を行う際に、費用対効果に優れたスケーラブルな方法を可能にします。データ可視化機能により、企業はBIを通じてビジネスドライバーや主要業績評価指標(KPI)を特定することができます。データ可視化ツールは、企業が不要なデータを排除し、パターン、洞察、トレンド、利用戦略を発見するのに役立ち、市場での成長を促進します。

抑制要因:データフォーマットのばらつき

データはビジネスの最も重要な要素の一つであり、客観的な測定により、ユーザーが意味のあるビジネスインサイトを生み出すのに役立ちます。しかし、毎日の気温のような単純なデータでも、外科手術の成功率のような複雑なデータでも、データには常にばらつきがあります。企業がデータを分析できないのは、理解が不十分なためです。社員は、データとは何か、その保存方法、処理方法、重要性、ソースなどを知らないかもしれません。データの明確な把握は、データの専門家に限られたものかもしれません。データが社会に普及するにつれ、明らかになってきた要素の一つが、理解度に大きな差があるということです。それは、ビジネスの現場でも同じで、基本的なエクセルのグラフを見慣れている人でも、複雑なものは理解できないことがあります。データやデータ可視化に対する幅広い理解に、可視化をデザインする側が応えることは、実際は非常に難しいことです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]