電力品質関連機器の市場規模、2026年に461億米ドル到達予測

電力品質関連機器の市場規模は、2021年の324億米ドルからCAGR7.3%で成長し、2026年には461億米ドルに達すると予測されています。電力品質を向上させることで、電気機器による二酸化炭素排出量を削減し、コストとエネルギーの節約を最大化することが、電力品質関連機器市場の成長を促す主な要因となっています。 

COVID-19の電力品質関連機器市場への影響

COVID-19の影響で、2020年前半に各国がロックダウンの実施を余儀なくされたことで、電力品質関連機器市場の成長が鈍化しました。政府や地方自治体から厳しいガイドラインが出され、緊急の必要のない業務はすべて停止させられました。これにより、エンドユーザーの活動が停止し市場に悪影響が及びました。

牽引要因:コストとエネルギー節約に有効

電力品質関連機器は、安定した電力を継続的に供給するために電力網で使用されます。電力網における電力の流れは、指定された電圧と周波数の範囲内でなければなりません。また、純粋な正弦波でなければなりません。良好な電力品質は、コストとエネルギーの節約につながります。電力品質関連機器は、機器の損傷や早期老化、生産、データ、作業の損失、突然の機器の故障、性能低下や予期せぬシャットダウン、コンデンサバンクの故障などの回避に役立ち、ひいてはコストとエネルギーの節約につながります。

負荷側では、電力品質が信頼できるものであれば、消費者は電力品質関連機器によりエネルギーコストや無効電力の関税を直接節約することができます。電力品質の低下は、企業や経済に深刻な損失をもたらします。そのため、高調波フィルタ、電圧オプティマイザ、補償器、絶縁変圧器、電力品質計などのさまざまな電力品質関連機器が、電力品質を向上させ、損失を最小限に抑えるために採用されています。高調波フィルタは、非線形負荷によって生じる電気システムの不要な高調波を除去することで、機器の性能を向上させ、エネルギーコストを削減することができます。電圧最適化は、受信した電源電圧を低減することで、電力使用コストと電力需要を削減することを目的としています。高調波や過渡電圧を低減し、位相電圧のバランスをとることで、電力品質を向上させることが可能です。このように、電力品質関連機器は、エネルギーとコストの大幅な削減を可能にし、市場の成長を後押ししています。

抑制要因:ハイエンドの電源品質機器のコスト高

電力品質関連機器は、電力中の高調波の追跡、周波数の安定性の確保、電圧変動の緩和などに役立ちます。電力品質関連機器は、電力会社が操業停止を回避し、高水準の電力品質を維持するのに役立ちます。電力品質関連機器には多くの機能が搭載されているため、そのコストは高額です。ハイエンドの電力品質関連機器は、妨害波の検出と位置の特定、高調波歪みの解析、高速トランジェントの検出、自動アラーム設定、フリッカーの検出と位置の特定、アンチエイリアシングなど、さまざまな機能を備えています。これらは、機器のみならず、導入コストも高額になります。ハイエンドの電力品質関連機器の高コストは、市場の成長を抑制する要因になると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]