環境修復の市場規模、2026年に1588億米ドル到達予測

環境修復の市場規模は、2021年の1046億米ドルからCAGR8.7%で成長し、2026年には1588億米ドルに達すると予測されています。市場の成長を促進する主な要因は、環境保護に対する政府の取り組み、環境に優しい産業開発への注目、発展途上国における急速な人口増加と工業化などが挙げられます。先進的な修復技術の開発と石油・ガス産業の継続的な拡大により、効率的な産業運営につながる環境修復への需要が生まれています。

COVID-19の環境修復剤市場への影響

COVID-19パンデミックと無縁の業界はなく、環境サービスや商品も例外ではありません。環境サービス業者は、サービスと製品を同時に提供しているため、その影響を直接受けています。パンデミックは、修復プロジェクトの主要なコスト要素である資材と労働力の両方に影響を与えるため、継続的なプロジェクトの遂行、企業の流動性、そしてビジネスモデル全体に困難をもたらしています。世界が徐々に回復に向かう中、すべてのビジネスのダイナミクスはすっかり変わってしまっています。

牽引要因:環境保護に対する政府の取り組みの

環境汚染の増加は、人間、動物、そして生態系に影響を与えます。環境汚染は、黄疸、腸チフス、下痢、ホルモンの乱れ、さらには癌など、人間に様々な病気を引き起こす可能性があります。一方、酸性雨は、木や植物を破壊し、動物に害を与え、さらには重要な生態系を破壊します。汚染の悪影響から環境を守るために、各国政府はさまざまな環境保護・修復政策や法律を制定し始めており、その結果、環境修復技術の採用が世界的に拡大しています。

抑制要因:掘削装置のコスト高

大量の土壌を除去し、有害な廃棄物として処分する場合、掘削作業は最もコストのかかる選択肢となります。掘削や処理の過程では、掘削機、ブルドーザー、積み込みトラック、その他の処理システムなどの重装備に多大なコストがかかります。土壌浄化のための洗浄プラントを設置するには、莫大な投資が必要となります。加えて、プラントの維持費も非常に高額です。これらの要因が、環境修復技術の導入を妨げる原因となっています。

市場機会:高度な浄化技術の開発

ナノ粒子を使って浄化するナノレメディエーション技術は、環境汚染の検出と同時に浄化プロセスも備えているため、汚染水、土壌、堆積物の処理にも利用されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]