冷凍ベーカリー製品の市場規模、2026年に295億米ドル到達予測

冷凍ベーカリー製品の市場規模は、2021年の223億米ドルからCAGR5.8%で成長し、2026年には295億米ドルに達すると予測されています。冷凍ベーカリー製品は、ヨーロッパ諸国を中心とした世界各国で、毎日の食生活に欠かせないものになりつつあります。パン製造業界は、多忙な消費者のライフスタイルに対応するため、新製品の開発を続けてきました。また、アジア太平洋地域やラテンアメリカなどの新興市場では、冷凍ベーカリー製品の消費が増加しています。この需要は、可処分所得の増加によってもたらされています。

牽引要因:コンビニエンスフード製品の需要の高まり

消費者の利便性の高い食品への嗜好は、時間と手間がかからない冷凍ベーカリー製品の需要を促進しています。加工食品市場は、顧客の多忙なライフスタイルに合わせた、利便性へのニーズにより牽引されています。さらに、このニーズが、冷凍ベーカリー製品の需要拡大につながっています。また、発展途上国の都市部の高成長が、冷凍ベーカリー製品の需要を牽引すると予測されます。一人当たりの所得が増加し、間食を習慣とする傾向が強まっていることが、冷凍ベーカリー製品の需要を促進する要因となっています。スーパーマーケット、ハイパーマーケット、コンビニエンスストア、専門店などの小売チャネルの発達も、市場の成長を後押ししています。冷凍ベーカリー製品は、焼く手間が必要ありません。そのため、多くのベーカリーが、冷凍のベイクド商品を店内に置くことを好みます。

抑制要因:焼きたてへのこだわり

消費者は、製造から消費まで1年以上経過した食品は栄養価が低いと考えています。このため、冷凍食品の栄養に疑いを持っているため、焼きたての製品へのこだわりは依然として高いと思われます。これは、冷蔵過程で栄養が劣化するという認識もあり、市場成長を大きく抑制しています。発展途上国など一部の国では、コールドチェーンが非効率であるため、冷凍ベーカリー製品の温度を一定に保つことが困難な場合があります。このことも、冷凍ベーカリー製品市場の成長を妨げる大きな要因となります。

市場機会:冷凍ベーカリー製品の鮮度維持のための技術

高品質の冷凍ベーカリー製品は、主にIQF(Individual Quick-Frozen)法と呼ばれる技術を採用しています。IQFとは、食品の中に大きな氷の結晶を作らない冷凍方法です。従来の冷凍では、大きな氷の結晶が細胞や結晶繊維を傷つけてしまい、食品が乾燥してしまいます。しかし、IQF食品では小さな氷の結晶ができるため、食品の繊維を傷つけずにすみます。また、マイクロカプセル化は、グルテンフリーの冷凍ベーカリー製品の保存性と食感を向上させるという、メーカーの目標となる最近の技術です。この技術は、冷蔵ピザやライジングクラストピザの硬さを克服するために使用されています。また、冷凍・冷蔵生地、冷凍ビスケット生地、冷凍マフィン、ビスケットなどの賞味期限延長にも有効です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]