イムノアッセイ市場、2026年に390億米ドル到達予測

イムノアッセイ市場は、2021年の284億米ドルからCAGR6.6%で成長し、2026年には390億米ドルに達すると予測されています。イムノアッセイ市場の成長は、主に慢性疾患や感染症の発生率の上昇によってもたらされています。また、イムノアッセイの技術が進歩し、製品の採用が増えていることも市場の成長を後押ししています。

アジア諸国の新興市場は、市場参加者に大きな成長機会を提供すると予想されます。一方で、厳しい規制環境やイムノアッセイ製品の技術的なハードルの高さが、市場の成長をある程度制限する可能性があります。イムノアッセイ市場は、製品、技術、検体、用途、エンドユーザー、地域に基づいて分類されています。

COVID-19のイムノアッセイ市場への影響

イムノアッセイ製品は、COVID-19の蔓延を抑制する上で重要な役割を果たします。ワクチンや治療法がない場合、診断は感染症の大量拡散を抑制し、管理するための唯一の有効な手段です。迅速検査は、COVID-19を大規模にサーベイランスするための、効果的で簡便な分子検査法として登場しました。イムノアッセイ用の消耗品や分析装置の大規模な研究、評価、承認により、SARS-CoV2検出の問題が軽減されました。化学発光、酵素結合、ラテラルフローベースのポイントオブケアテスト、ラピッドテストなどのイムノアッセイ法の使用が急増しています。

イムノアッセイ製品の承認に向けた厳しい規制手続きや、イムノアッセイキットや試薬の技術的なハードルの高さが市場に影響を及ぼしています。一方、COVID-19の大規模な診断により、パンデミックの状況下で、いくつかの国のイムノアッセイ市場は大きな成長を遂げています。さらに、第3波によるCOVID-19の患者数が増加しているため、イムノアッセイ市場はさらに拡大すると予想されます。

牽引要因:慢性疾患および感染症の発生率の増加と、疾患の早期診断に対する意識の高まり

糖尿病、心血管疾患、がんなどの慢性疾患は世界的に増加しています。また、SARS-CoV2(COVID-19)、デング熱、B型肝炎、C型肝炎、HIV、マラリア、結核などの感染症の発生率も驚くべき速さで増加していると言われています。これらの疾患の診断には、イムノアッセイによる診断が欠かせません。イムノアッセイ技術の進歩とともに、有効性、検出限界、感度、コスト効率が改善し、迅速な結果が得られるようになりました。病気の診断や薬物・アルコール依存症の診断に迅速検査やポイントオブケアテストが大量に採用されていることが、イムノアッセイ市場の成長を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]