MFAの市場規模、2026年に235億米ドル到達予測

MFAの市場規模は、2021年の111億米ドルからCAGR16.2%で成長し、2026年には235億米ドルに達すると予測されています。MFA市場を牽引する主な要因としては、セキュリティ侵害、不正行為、データアイデンティティ盗難の増加、BYOD・IoTデバイスの使用の急増、クラウドベースのMFAソリューションおよびサービスへの高い需要、オンライン取引の増加、政府の厳しい規制などが挙げられます。

MFAとは、ある人が特定の取引を行う際に、その人から提供された要素に基づいてその人を認証することと言えます。要因は大きく3つに分類されます。要因は、「あなたが持っているもの」、「あなたが知っているもの」、「あなたがいるもの」の3つの大きなカテゴリーに分類できます。これら3つの要素は、ハードウェアトークン、個人識別番号(PIN)、パスワード、生物学的特徴などがあります。また、欧米で普及しているOTPも認証要素の一つです。MFAは、個人情報の機密性を確保する高度なセキュリティを提供します。

COVID-19によるMFA市場への影響

COVID-19パンデミックにより、オンラインビジネスへの依存度が大幅に高まっています。BFSI、ヘルスケア・ライフサイエンス、製造業、自動車、小売、運輸・物流などの分野では、インターネットを活用して消費者に必要なサービスを提供しています。しかし、ベンダーは、MFAソリューションに対する需要の減少を経験しています。一方、モバイル機器の普及とインターネットの普及に伴い、個人がMFAなどのデジタル技術を利用する傾向が強まっています。さらに、COVID-19の流行に対応するために政府が課した規制により、従業員は自宅で仕事をするようになりました。その結果、仕事でも私生活でも、テクノロジーの重要性がさらに高まっています。企業におけるサイバー攻撃の増加は、MFA市場を牽引すると予想されます。

推進要因:厳しい政府規制によるMFAソリューションの導入拡大

絶えず変化する脅威の状況は、一般データ保護規則(GDPR)、支払サービス指令2(PSD2)、マネーロンダリング防止指令5(AMLD5)など、数多くの政府規制を生み出しています。これらの規制により、マネーロンダリング、個人情報の盗難、テロリストの資金調達などの不正行為に歯止めをかけるために、すべての企業は健全な本人認証チェックをシステムに組み込むことが必須となりました。IDなどを利用したサイバー攻撃の増加により、ほぼすべての業種、特にBFSIとヘルスケアの業種で不正行為が増加しています。PSD2、GDPR、CCPAなどのコンプライアンスにより、企業は、不正行為、データ漏洩、個人情報盗難の可能性を排除するために、適切なセキュリティ対策を実施することが求められています。規制を遵守しない場合には莫大な罰則が課せられるため、厳格なコンプライアンスや規制の存在は、企業がMFAソリューションを導入する大きな要因となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]