創傷ケアの市場規模、2026年に278億米ドル到達予測

創傷ケアの市場規模は、2021年の193億米ドルからCAGR7.6%で成長し、2026年には278億米ドルに達すると予測されています。市場の成長は、慢性創傷、外科的創傷、急性創傷、外傷の増加、慢性創傷に対する支出の増加、創傷管理における再生医療の利用の増加、技術の進歩などに牽引されています。また、新興国の急激な成長や、主要企業による買収も、創傷ケア市場の成長に大きなチャンスをもたらしています。

COVID-19の創傷ケア市場に与える影響

COVID-19の発生により、全国的なロックダウン、創傷治療サービスの拒否、選択的手術の中止や延期、医療従事者の皮膚損傷の増加などを引き起こし、創傷治療市場は一程度の縮小を記録しました。しかし、今後は、創傷ケア製品の需要が急激に増加することが期待されています。

牽引要因:創傷治癒に影響を与える疾患の増加

急性創傷、慢性創傷、手術創傷などの身体状態は、創傷治癒プロセスに悪影響を及ぼします。急性創傷、慢性創傷、手術創傷の有病率は過去10年間で大幅に増加しています。その主な理由は、世界的な高齢者人口の増加、外傷の増加、手術件数の増加、肥満や糖尿病などの疾患の増加が挙げられます。糖尿病や肥満になると、感染症、潰瘍、慢性的な傷など、全体的に傷の発生や複雑さが増し、創傷管理が必要になったり、法外な医療費がかかったりします。

抑制要因:先進的な創傷治療製品の高額なコスト

慢性創傷の治療や創傷ケア製品の高コストが、アジアや西欧諸国などコストに敏感な地域で、その導入に悪影響を及ぼす可能性があります。これらの地域の患者や医師は、より安価な創傷治療製品を望んでいます。ここでは、バイオエンジニアリングのドレッシング材が販売されているにもかかわらず、医師や患者は、従来のコスト安い創傷ケア製品を選択する傾向があります。

市場機会:新興国での成長の可能性

欧州や北米に比べ、アジア太平洋やラテンアメリカ地域は、創傷治療の未開拓市場です。新興国は患者数が多く、高齢者人口も増加しているため、創傷治療市場のプレーヤーにとって大きな成長機会となります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]