スマート製造プラットフォームの市場規模、2026年に132億米ドル到達予想

スマート製造プラットフォームの市場規模は、2021年の58億米ドルからCAGR18.0%で成長し、2026年には132億米ドルに達すると予想されています。この市場の成長は、産業用オートメーションの成長、自動車産業におけるスマート製造プラットフォームの採用の増加、産業用オートメーションに対する政府の支援の増加、生産性を高めるためのデータの合理化と自動化のニーズの高まりなどに起因しています。しかし、IoT関連の熟練した人材が不足していることや、ソフトウェアのアップグレードを頻繁に行うためのメンテナンスが必要であることなどが、市場の抑制要因となっています。一方で、IIoTやクラウド技術の導入が進み、プラットフォームプロバイダーとクラウドサービスプロバイダーが提携することで、今後数年間でスマート製造プラットフォームの導入機会が増えると予想されます。さらに、スマート製造プラットフォームの統合の複雑さや、無線ネットワークのセキュリティに関する懸念が、今後の課題となっています。

COVID-19のスマート製造プラットフォーム市場への影響

COVID-19パンデミックの影響で原材料が不足しているため、産業界全体の生産が制限されています。輸出の減少とサプライチェーンの混乱がスマート製造プラットフォーム市場の生産量の減少の主な要因となっています。2020年の第1四半期および第2四半期に世界中の製造施設が閉鎖されたことにより、スマート製造に対する需要が大幅に減少しました。しかし、生産活動の再開とともに、様々な産業でスマート製造プラットフォームの需要が増加すると考えられます。さらに、パンデミックの発生後、メーカーはデジタル化に高い関心を寄せており、このことがスマート製造プラットフォームの採用を増加させています。

推進要因:産業用オートメーションの成長

産業用オートメーションとは、機械のさまざまなプロセス処理に、ロボットやコンピュータなどの制御システムを使用することです。例えば、製造業では、インテリジェントな機械を使用して、人の介入なしに製造プロセスを実行しています。製造業に従事する企業は、製造コストの削減、生産性の向上、資源の最適化のために、産業用オートメーションを導入しています。産業用オートメーションシステムは、人の介入を排除し、作業、廃棄物、および人件費の削減に役立ち、ダウンタイムと不正確さを最小限に抑え、プロセス品質を向上させ、応答時間と処理時間を短縮します。さらに、システムは貴重な情報を監視・記録し、製造プロセスの向上、パターンの特定、不測の事態を防ぐための更新にも役立ちます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]