試験・計測機器の市場規模、2026年に333億米ドル到達予想

試験・計測機器の市場規模は、2021年の277億米ドルからCAGR3.7%で成長し、2026年には333億米ドルに達すると予想されています。この増加の主な理由は、ヘルスケアとIT・通信業界からの需要が挙げられます。

COVID-19が試験・計測機器市場に与える影響

医療・医薬品、生物学的研究、食品・飲料のエンドユーザー産業では、テスト用途の試験・計測機器の採用率が高く、さらに、政府の厳しい規制や品質維持への要求からも、機器の導入は増加しています。しかし、COVID-19の発生と拡散により、関連製品の一部に、マイナスの影響が及んでいます。一方で、COVID-19の蔓延により、医薬品やその他の医療機器の生産が増加しています。医療・医薬品業界の需要から、計測機器製品やソリューションの需要が急増しています。

牽引要因:電子機器の導入拡大

試験・計測機器は、電子機器の性能を検証します。テストを行うことで、衝撃、熱、振動、変動する環境条件などの外的要因から、劣化する部品を特定することができます。これにより、機器の故障を予測し、大きなダメージを受ける前に修正を行うことができます。試験・計測機器は、デバイスの保存期間、性能、精度、効率の向上に役立ちます。

半導体デバイスの使用量は急速に増加しています。OEM(Original Equipment Manufacturer)やデザイナー、エンジニアは、ロボットや各種センサーなどの優れた機能を備えた最先端の半導体デバイスの設計に注力しています。このようなデバイスは、家庭用電化製品を含む様々な分野で需要があります。薄型テレビ、冷蔵庫、洗濯機、スマートウォッチ、携帯電話、エアコンなどの需要が高まり、大量生産が必要になっています。National Investment Promotion & Facilitation Agency(INVEST INDIA)が共有する統計によると、エレクトロニクス市場は、今後2030年までの10年間で2兆米ドル以上になると推定されています。また、2018年から2019年のインドのエレクトロニクス市場は1200億米ドルとされており、世界のエレクトロニクス製造における同国のシェアは2012年の1.3%から2018年には3%に拡大しています。

抑制要因:高い設置費用とオーナーシップコスト、および熟練した専門家の必要性

さまざまな種類のテストや測定作業を行うためには、多くの機器が必要となります。試験・計測機器の設置や試験施設の設立には高いコストがかかります。また、試験対象機器に適用される規制や指令に基づいて機器を操作するには、専門的な知識が必要となります。中堅・中小企業の多くは予算が少なく、計測機器の導入やメンテナンス、専門家の雇用に必要な、多額の資金はありません。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]