産業用イーサネットの市場規模、2026年に137億米ドル到達予測

産業用イーサネットの市場規模は、2020年の92億米ドルからCAGR7.3%で成長し、2026年には137億米ドルに達すると予測されています。拡張性、高速性、信頼性、相互運用性に優れた通信プロトコルへのニーズの高まり、発展途上国の政府による産業用オートメーションの導入促進に向けた取り組みの増加、スマート自動車の普及などが、産業用イーサネット市場の成長に寄与しています。また、5Gの導入が進んでいることも、市場関係者にとって成長の機会となっています。

COVID-19の産業用イーサネット市場への影響

COVID-19の影響で、多くの製造企業が生産を停止したことで、サプライチェーンが崩壊し、産業用イーサネット市場の成長に悪影響を及ぼしています。世界の産業用通信企業の間で、2020年の第1四半期に収益の伸びが大幅に減少したことが報告されています。

牽引要因:拡張性、高速性、信頼性を備えた通信プロトコルへのニーズの高まり

産業用イーサネットは、産業プラント内、およびプラントと企業ネットワーク間の完全な透過性を実現するために不可欠です。信頼性の高い通信ネットワークは、インダストリー4.0のコンセプトの中核です。産業オートメーションと産業用通信ネットワークは、どちらもリアルタイムの運用ニーズに密接に依存しています。また、複数の異なる規格やインターフェースで動作するさまざまな機器に対して、ネットワークは拡張性を持つ必要があります。ファクトリーシステムには、高速応答、高効率性、高信頼性が求められます。これらを実現するためには、最適な通信技術の選択、マルチプロトコル環境での運用、幅広い産業機器への対応などが求められます。そのため、スケーラブルで相互運用可能なプロトコルの必要性が高まり、新しい通信製品の開発に向けた取り組みが活発化しています。

抑制要因:産業用通信プロトコルおよびインターフェースの標準化がなされていないこと

産業用機器やデバイスは、様々なインターフェース、技術、プロトコルで通信を行います。これらの通信インターフェースやプロトコルが標準化されていないと、データが誤って表示される可能性があります。また、システムの統合を複雑にし、関連性のないシステムのプラグアンドプレイ機能の使用を妨げる可能性もあります。例えば、ほとんどの機器メーカーは、自社の機器との通信に独自のインターフェース・プロトコルを使用しているため、他のメーカーが開発した機器を使用する際には通信上の課題が生じます。産業用イーサネットで使用されている通信プロトコルは数多くありますが、ほとんどのプロトコルに対応した通信モジュールを提供しているベンダーは限られています。多くのベンダーは、いくつかの通信プロトコルに対応したカスタマイズされた産業用イーサネットモジュールを提供しているため、エンドユーザーは要求に応じて他のプロトコルに切り替えることが困難になります。技術的な標準化がなされていないため、システムの統合が難しく、通信機器間のプラグアンドプレイ機能が妨げられています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]