熱可塑性エラストマー(TPE)の市場規模、2026年に263億米ドル到達予測

熱可塑性エラストマー(TPE)の市場規模は、2021年の199億米ドルからCAGR5.7%で成長し、2026年には263億米ドルに達すると予測されています。熱可塑性エラストマー市場は、今後、自動車部門の回復によって拡大することが期待されています。APAC(アジア太平洋地域)は、中国、インド、その他の東南アジア諸国の自動車分野の存在により、同市場において、圧倒的なシェアを誇っています。

COVID-19の熱可塑性エラストマー市場への影響

COVID-19パンデミックにより、2020年の熱可塑性エラストマー市場は、前年と比較して18.2%減少しました。これは、パンデミックの状況下で、サプライチェーンが混乱し、最終用途産業の需要が減少したことによるものです。自動車産業でも、2020年第1~3四半期の生産量は、前年同時期と比べて26%減少しました。

牽引要因:パンデミックからの回復とEVの普及拡大に対する期待

2019年以降、従来の自動車生産は、販売台数の減少、EVへの消費者の嗜好の変化、規制シナリオの変化、レンタカーやライドシェアリングへのシフト、一人当たりの支出の減少、景気状況などにより、様々な影響を受けています。さらに、COVID-19パンデミックとそれに伴う生産活動の停止により、2020年は自動車の需要が減少しました。

一方、アジア太平洋地域は、世界の自動車生産の50%以上を占めています。 中国、インド、日本、東南アジア諸国が自動車生産に大きく関わっています。自動車分野における技術開発やイノベーションは、これらの国の熱可塑性エラストマー市場をさらに強化することが考えられます。アジアの自動車産業は、中国の自動車産業の回復により、2022年までに好転すると予想されています。

熱可塑性エラストマーは、従来の金属や熱硬化性ゴムなどに比べて高性能であるため、特に電気自動車に使用されています。電気自動車を支援するための規制シナリオや政府の政策が、熱可塑性エラストマー市場の成長を支えています。COVID-19パンデミックの際、欧州では主にグリーン復興基金によるインセンティブを受けて、EVの販売台数が137%増加しており、今後も大幅な成長が見込まれています。自動車産業の回復と世界的なEVの普及拡大に伴い、熱可塑性エラストマーの需要は今後も増加することが予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]