待ち行列管理システム(QMS)の市場規模、2026年には6億米ドルに達すると予測

待ち行列管理システム(QMS)の市場規模は、2020年の5億米ドルからCAGR4.0%で成長し、2026年には6億米ドルに達すると予測されています。COVID-19の期間中、生産性を高めるために顧客のトラフィックや顧客の移動を管理する必要性が高まり、スタッフの効率化や顧客エンゲージメントの強化を図る目的で、世界各地でQMSの導入が促進されています。QMSは、人通りの多い場所に有用で、多くの企業は、現場での顧客の待ち時間を短縮し、立ち去りを減らすために、QMSソリューションやサービスを選ぶ傾向があります。

COVID-19のQMS市場への影響

待ち行列管理システム市場は、COVID-19によるロックダウンのため、2020年には減速が予想されました。このロックダウンは、様々なセクターのオペレーションの継続性に影響をおよぼし、世界の製造業やサプライチェーン、ロジスティクス打撃を与えています。最も大きな影響を受けている、製造業、運輸・物流、小売・消費財の各分野では、生産ラインやサプライチェーン、輸送に従事する人手が不足しているため、必須アイテムの入手に影響が出ています。この状況は2021年初頭には収束すると予想されています。一方、QMSソリューションやサービスの需要が増加する予想もあります。これは、顧客体験の向上や見込み客との個別の関係構築に対する需要が高まっているためです。いくつかの企業は、デジタルトランスフォーメーションを実現するために、多様なQMSソリューションおよびサービスの導入をすでに計画しています。これらのソリューションおよびサービスは、ミッションクリティカルなプロセスへの対応、オペレーションの改善、ユーザーの認証を行います。運用コストの削減、顧客体験の向上、不正行為の検知と防止、認証プロセスと運用の強化、リアルタイムの意思決定の改善は、QMS市場の導入を促進する、主要なビジネスおよび運用上の優先事項です。

牽引要因:生産性向上のための顧客動線管理の必要性

QMSは、ウォークインサービスやカスタマーフローを管理するために設計された自動化システムです。主に、顧客とのやりとりの管理に使用され、対面、あるいは画面越しの両方に対応しています。このシステムは、人の列を管理し、制御することで、ユーザーが効率的に顧客の要求を処理できるように、様々なモジュールを提供しています。企業は待ち行列のどこに非効率性があるのかを正確に把握し、継続的にこれらの問題に対処することで、ポジティブな体験を提供することが出来ます。このメリットは、顧客満足度の向上からビジネスの生産性の向上まで、ビジネス全体に及びます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]