暗号通貨の市場規模、2026年に22億米ドル到達予想

暗号通貨の市場規模は、2021年の16億米ドルからCAGR7.1%で成長し、2026年には22億米ドルに達すると予想されています。透明性や分散型台帳技術、ベンチャーキャピタル投資の増加などが、市場の成長を促進する主な要因となっています。

COVID-19の暗号通貨市場への影響

COVID-19がもたらした不確実性を背景に、ビットコインやイーサリアムなどのデジタル通貨が大きな注目を集めています。米国の銀行は、顧客間のB2B暗号通貨決済を可能にするために、デジタル通貨を含む独自のブロックチェーンベースのシステムを構築しています。また、2020年10月には、PayPalが、顧客がPayPalアカウントを使ってビットコインや暗号通貨を売買・保有できるようにすると発表しました。これにより、顧客はPayPalを受け入れる2600万の売り手から物を購入できるようになります。2021年には、PayPalは暗号通貨を資金源として使えるようにする予定です。

牽引要因:分散型台帳技術の透明性

透明性の欠如に関連する問題は、利害関係者の知らないうちに取引が行われる場合に発生します。特に、不正な取引が頻繁に見られるアジア諸国では顕著です。これは、取引過程での人為的なミス、機械的なミス、データ操作などが原因となり、結果的に顧客が多額の損失を被る可能性があります。しかも、ほとんどの場合、金融機関は自らの過失を受け入れません。現在の通貨制度におけるこの透明性の欠如は、国民の不満につながります。

抑制要因:不確実な規制状況

暗号通貨市場はまだ規制の対象になっていません。現時点では、規制の欠如とそれに関する不確実性が、暗号通貨導入の抑制要因となっています。各国の金融規制機関は、暗号通貨の共通基準を見つけるために取り組んでいますが、規制の受け入れは依然として最大の課題です。分散型台帳技術はまだ初期段階にあるため、国内および国際レベルで、規制当局、および政策立案者に多くの疑問を投げかけています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]