次世代シーケンス(NGS)の市場規模、2026年に242億米ドル到達予測

次世代シーケンス(NGS)の市場規模は、2021年の103億米ドルからCAGR18.7%で成長し、2026年には242億米ドルに達すると予測されています。NGSプラットフォームの進歩、ゲノムシーケンスにかかるコストの低下、がんの発生率の増加、がん研究におけるNGSの応用などが、市場の成長を支える主な要因です。

COVID-19の次世代シーケンシング市場に与える影響

世界保健機関(WHO)がCOVID-19の発生を正式にパンデミックと宣言したことで、既存の製薬会社やバイオ製薬会社、NGS市場の大手企業や新興企業が、いっせいに、検査キット、治療法、ワクチンの開発に名乗りを上げ、研究開発の規模を拡大しています。

牽引要因:NGSプラットフォームの進化

シーケンサーの継続的な技術革新により、効率的でポータブルなNGSプラットフォームが登場し、正確な結果が得られるようになりました。このような製品とその技術を導入することで、プレーヤーは即座に競争力を得ることができます。そのため、主要企業は、市場での地位とシェアを強化するために、製品の研究開発に力を入れるようになっています。

抑制要因:発展途上国における予算の制約

発展途上国における学術研究開発は、外部資金に依存しています。政府や民間団体による研究資金の提供があるにもかかわらず、さまざまな研究機関や学術機関が予算の制約を受けています。その結果、発展途上国の学術・研究機関では、高度な研究施設の設置・拡張が妨げられています。このことが、アフリカやアジアの発展途上国でのNGS技術の導入の妨げになっています。

市場機会:大規模シーケンシングに対する政府や民間の支援

世界各国で、遺伝と病気の関連性を解明するために、国家的な人口シーケンスプログラムへの投資が進められています。政府機関では、研究を進め、がんや希少疾患の診断・治療方法を改善するために、何百万ものゲノムシーケンスを行っています。その結果、大掛かりなシーケンスプロジェクトでは、NGS機器の大規模導入や、消耗品が使用されており、市場プレーヤーに有利な成長機会を提供することができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]