DDIの市場規模、2026年に8億3600万米ドル到達予想

DDIの市場規模は、2021年の4億米ドルからCAGR15.9%で成長し、2026年には8億3600万米ドルに達すると予想されています。DDI市場を促進する主な要因としては、IoTプラットフォームの台頭、職場でのBYOD傾向の高まり、既存のDDIソリューションや隣接するネットワークサービスの拡大、組織による仮想化の大幅な導入などが挙げられます。さらに、IPAMへのニーズの高まりやIPv6の登場は、DDIベンダーに有利な機会を提供すると考えられます。

COVID-19のDDI市場への影響

コネクテッドデバイスのエコシステムは、COVID-19の流行により急増し、DDIはこのコネクテッドマーケットでその付加価値を発揮しました。ほぼすべての企業が自宅で仕事をしているため、より弾力性のあるネットワークが必要であり、効率的なDDIソリューションやサービスの需要が高まっています。そのため、IoTプラットフォームの台頭がDDI市場の牽引役となりました。WFHにより、大企業や教育機関、法律家など、ほとんどの人が自宅で仕事や活動をするようになりました。企業は特に、ネットワークへの接続や、リソースやアプリへの自由なアクセスのニーズを満たすために、デジタルトランスフォーメーションの取り組みを加速させています。そのため、企業のすべてのリモートユーザーに安全なアクセスを提供し、リソースのセキュリティを維持するために、DDIの採用が増加しています。英国、ブラジル、インドなどでCOVID-19の第2波が発生したことにより、WFHは継続すると予想され、これによりDDIのソリューションやサービスの需要がさらに高まります。COVID-19の発生は、オンライン・デジタル教育のトレンドに拍車をかけました。このトレンドにより、ネットワークに接続されるノートPC、タブレット、モバイル機器の数が増加し、DDIの必要性が増しています。今回のパンデミックにより、5Gの重要性は高まっており、多くの人が遠隔地で仕事をする中で、データ速度とネットワークサポートの強化が必要となっています。

推進要因 IoTプラットフォームの台頭

IoT(モノのインターネット)は、電子機器やソフトウェアが組み込まれた物理デバイス間の通信を可能にし、データを収集します。これを行うためのフレームワークをIoTプラットフォームと呼びます。現在、大多数の企業が業務やプロセスを円滑に進めるためにIoTを導入しています。IoTプラットフォームの導入には、大量のデバイス、フレームワーク、IPサービスなどが必要となります。このような規模のIoTプラットフォームには、ダイナミックで堅牢なDDIソリューションが必要です。このように、IoTプラットフォームへのニーズの高まりが、商用DDIソリューションの需要を促進すると考えられます。中央のフレームワークでIoT構想を行う顧客は、大規模なIPアドレスを管理するためにDDIを必要とします。IoTプラットフォームをベースにしたDDIを使用することで、内部で管理されるIoTプラットフォーム、自動化されたDNS、または多様なIPv6を展開しているベンダーに効率的な運用上のメリットをもたらします。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]