ウェアラブル技術の市場規模、2026年に2654億米ドル到達予測

ウェアラブル技術の市場規模は、2021年の1162億米ドルからCAGR18.0%で成長し、2026年には2654億米ドルに達すると予測されております。ヘルスケア分野でのスマートデバイスの需要拡大や、IoTデバイスの需要急増などの要因が、今後の市場の成長を後押ししています。

COVID-19がウェアラブル技術市場に与える影響

COVID-19パンデミックによる、ウェアラブル技術市場のサプライチェーンへの悪影響が予想されています。さらに、主要なウェアラブル業界では、営業収益の維持・創出に注力しているため、2020年の市場全体の動きは鈍くなっています。今後は、延期されていた製品の発売や開発が実現されるため、COVID-19の影響は軽減されると考えられます。

牽引要因:ウェアラブル機器における次世代ディスプレイの成長

30年以上にわたる研究開発の結果、技術者たちは、スマートグラスやスマートウォッチなどのウェアラブル機器にディスプレイを搭載するという夢を実現しました。最近では、フレキシブルで手頃な価格の電子ディスプレイを開発することが可能になりました。企業が直面する今後の課題は、消費電力の高さ、および輝度の問題です。一方、様々な業界プレイヤーによる最近の製品発表は、ウェアラブルデバイスのディスプレイ技術の改善を示唆しています。さらに、バックプレーンの素材に、シリコンの代わりに、インジウム、ガリウム、亜鉛を均等に配合した金属酸化物を使うことで、先進のウェアラブルディスプレイ技術を実現しました。今後、ウェアラブル製品の市場性がさらに高まることが期待されています。

抑制要因:バッテリー寿命の制限

ウェアラブル技術市場の抑制要因は、コンパクトさや使いやすさを損なうことなく簡単に装着できる、信頼性の高いバッテリーシステムが存在しないことです。ウェアラブルコンピューティングは、すべてのコンピューティングデバイスを1つのウェアラブルデバイスに収束させる方向に向かっています。その際、最大の課題は、電力要件に対処し、消費電力とバッテリーの充電を管理することです。ウェアラブル機器の需要が高まる中、費用対効果の高い方法で電力効率のニーズを満たした上で、消費電力を管理することが不可欠です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]