3D印刷用エラストマーの市場規模、2026年に5億8300万米ドル到達予測

3D印刷用エラストマーの市場規模は、2021年の1億6200万米ドルからCAGR29.1%で成長し、2026年には5億8300万米ドルに達すると予測されています。北米および欧州地域で家庭用3Dプリンターの普及が進んでいることが、3D印刷用エラストマーの需要を拡大させる主な要因となっています。

COVID-19による3D印刷用エラストマー市場への影響

COVID-19パンデミックによるバリューチェーンの混乱で、2020年を中心とした3D印刷用エラストマー市場がマイナスの影響を受けると推測されます。一方、プリンターメーカーは、自社のデバイスやリソースを無償提供することで、パンデミック対策に貢献しています。現在、プリンターメーカーにとって唯一かつ最大の関心事は、自社製品が24時間体制で必要な医療必需品を製造できるようにすることです。フェイスマスクやフェイスシールドなどの仕様を共有し、個人でも同じものをプリントできるよう、プリンターメーカーは製品の全体的な供給に貢献しています。

牽引要因:自動車産業、消費者産業、医療産業からの需要の増加

3D印刷用技術は、自動車業界の製造プロセスを大きく変えています。この技術は、より複雑で軽量な構造体を最適なコストで製造するのに役立っています。多くのF1カー、スーパーカー、コンセプトカーが3Dプリントの部品を使用しています。例えば、BMWは、EOS GmbH Electro Optical Systems社(ドイツ)やCarbon社(米国)などの大手3Dプリント企業と協力して、商用車用の3Dプリント部品を製造しています。さらに、3D印刷用エラストマーは、携帯電話ケース、耳かき、ミッドソール、サドル、ヘルメットライナーなどの消費者向け製品の製造に使用されています。また、エラストマー添加剤は、その柔軟性と高い引張強度により、補聴器、手術器具のハンドルなど、医療業界でも使用されています。

抑制要因:材料費の高騰

3Dプリント用材料費の高コストが、市場の大きな抑制要因となっています。この高コストは、3Dプリント材料に必要な純度や組成の基準によるものです。3Dプリント用のエラストマー材料は、1リットルあたり平均約250~500米ドルで、一般的な用途で使用するには高額な素材です。材料メーカーにとっては、今後、低コストの材料を開発し、供給することが課題となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]