自動車用カメラおよび一体型レーダー&カメラの市場規模、2026年に101億米到達予測

自動車用カメラおよび一体型レーダー&カメラの市場規模は、2021年の61億米ドルからCAGR10.5%で成長し、2026年には101億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長は、高度なセキュリティシステムに対する消費者の需要の増加、プレミアムセグメントの自動車に搭載される車両安全システムの需要の増加、自動車に安全機能を義務付ける規制の増加などが主な要因となっています。

COVID-19が自動車用カメラおよび一体型レーダー&カメラ市場に与える影響

COVID-19の発生後、BoschやContinentalなどの主要な自動車用カメラメーカー、Aptiv PLCやZF Friedrichshafenなどの統合型レーダー&カメラメーカーは、フランス、ドイツ、イタリア、スペインにおいて、需要の縮小やサプライチェーンのボトルネック、従業員の安全を守るための生産停止を発表しています。各メーカーは、ボトルネックを防ぐために生産調整を行い、OEMやTier1メーカーの需要に応じて生産計画を立てると思われます。自動車用カメラおよびレーダー&カメラを統合したソリューションを提供する主要企業は、2020年第1四半期に多くの収益を失いました。特に米国や欧州主要国ではパンデミックの深刻さから、即座には自動車生産の再開が見込めないため、Tier 1プレイヤーはさらなる減収を予想しています。自動車用カメラおよび統合型レーダー&カメラのプロバイダーは、各国が感染拡大防止のためにロックダウン状態にあるため、サプライチェーンの混乱に直面しています。

牽引要因:高度なセキュリティシステムの需要増加

交通事故の増加に伴い、駐車支援、衝突回避、LDW(車線逸脱警報)、トラクションコントロール、エレクトロニックスタビリティコントロール、タイヤ圧モニター、エアバッグ、テレマティクスなどの安全機能の需要が高まっています。先進運転支援システム(ADAS)には、統合されたレーダーとカメラシステムが使用されており、道路上の特定の物体を検出・分類し、それに応じてドライバーに警告を発することができます。また、これらのシステムは、事故の際に車両を自動的に減速または停止させることができます。近年、交通事故による死亡者数は大幅に増加しています。世界保健機関(WHO)の2020年の報告書によると、全世界で毎年135万人近くが交通事故で亡くなっています。さらに、他の年齢層に比べて10代の交通事故による死亡数が多くなっています。これらの要因により、自動車に搭載される安全機能の需要が拡大しています。自動車メーカーは、顧客のニーズを満たすために安全機能を開発・導入しています。安全機能への需要が、自動車用カメラおよびレーダー&カメラ一体型市場の成長を促進しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]