滅菌容器システムの市場規模、2026年に3億7500万米ドル到達予測

滅菌容器システムの市場規模は、2021年の3億2400万米ドルからCAGR3.0%で成長し、2026年には3億7500万米ドルに達すると予測されています。滅菌容器システム市場の成長は、主に院内感染の発生率の上昇と外科手術の増加を原因としています。アジアの新興市場は、同市場のプレーヤーに強力な成長機会を提供すると予想されます。一方で、滅菌ラップ・パウチの存在や、再処理された医療機器の安全性に関する懸念が、市場の成長を制限する可能性があります。滅菌容器システム市場は、製品、タイプ、技術、素材、地域に基づいて分類されています。

COVID-19の滅菌容器システム市場への影響

医療現場におけるCOVID-19の蔓延防止には、機器の滅菌が重要な役割を果たします。アウトブレイクの際、医療機器を介した患者間の病原体の伝染は、医療機器を適切に滅菌することで完全に防ぐことができます。手術器具、内視鏡機器、呼吸器系機器の不適切な滅菌はCOVID感染の脅威を高める可能性があるため、パンデミック時には滅菌加工された医療機器の使用率が高くなります。このため、医療機器を適切に滅菌するための滅菌容器システムの重要性が高まっています。選択的・非選択的手術の減少による滅菌容器の使用量の減少、定期検査の減少、顧客の設備投資の減少、研究所の閉鎖や臨床検査の減少による研究活動の縮小などが市場にマイナスの影響を与えています。

牽引要因:院内感染症(HAI)の発生率の上昇

院内感染(HAI)は、医療管理における主要な合併症であり、罹患率や死亡率の原因となります。手術部位感染症(SSI)は、一般的に発生するHAIであり、プロテーゼやインプラントの装着に起因するほか、手術中に持ち込まれた器具や材料、手術器具、手術担当者、手術環境、内因性細菌叢への曝露が原因となります。HAIの蔓延は、滅菌容器システム市場の主要な成長要因となっています。

抑制要因:滅菌ラップやパウチの使用

滅菌ラップは、手術器具を空気、空気中の病原体、湿気から保護するために、手術器具の梱包によく使われます。これらのラップは、高温・低温の両方の滅菌方法に対応しており、様々な寸法のものがあります。発展途上国の医療従事者は、滅菌容器よりも安価で使い捨て可能なラップを採用する傾向にあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]