有害生物駆除の市場規模、2026年に291億米ドル到達予測

有害生物駆除の市場規模は、2021年の227億米ドルからCAGR5.1%で成長し、2026年には291億米ドルに達すると予測されています。有害生物駆除ソリューションの人気が高まっている背景には、発展途上国で都市化が進み、1500万人から2000万人以上の人口を抱えるメガシティが出現していることがあります。中国やインドでは、人口密度が高く、有害生物駆除サービスを導入している中間層が多いことから、有害生物駆除サービスや殺虫剤市場の需要が高まっています。

牽引要因:デジタルアプリケーションとテクノロジーの導入が進む

フードサプライチェーンにおいて、食品の安全性を確保する上で最も重要な要素の一つが有害生物問題です。食品の生産、調達、流通の方法の変化や気候変動により、有害生物による食品安全のリスクが高まっています。さらに、食品の安全性に対する規制の強化や消費者の需要の変化により、食品の品質と安全性を確保するために、より効率的で持続可能な方法を見つけることが、食品生産者や製造者に求められています。オンラインショッピングなど、消費者の習慣の変化により、サプライチェーンにおける自動化が進んでいます。これにより、人手を介さない場所で、有害生物の蔓延に気付く事が遅れ、ネズミや有害生物などを繁殖させる事になります。有害生物駆除メーカーは、環境に優しく、よりスマートな有害生物駆除ソリューションの採用に取り組んでいます。また、最近では、IoTが有害生物の遠隔監視や制御に役立つ技術として注目されています。IoTデバイスは、有害生物の活動をリアルタイムで監視・報告し、有害生物の行動に関する新たなデータを収集することで、有害生物駆除と食品安全の向上に貢献することができます。

抑制要因:高額な登録費用と製品承認までの時間

登録プロセスでは、製品の化学的性質、毒性、環境毒性、非標的生物への毒性などのデータを提出する必要があります。また、製品が有害生物の個体群に与える影響を調べるために、現地での実地試験を必要とする国もあります。有害生物駆除剤は、有害生物の中枢神経系にダメージを与える、生殖活動を妨害する、もしくは蔓延した有害生物を直接駆除するの、いずれかの方法を採用しています。使用量は、訓練を受けた専門家によって管理され、周囲の環境への汚染を抑える必要があります。農薬製品の登録プロセスは、国ごとに異なります。例えば、米国では、連邦殺虫剤・殺菌剤・殺鼠剤法と連邦食品・医薬品・化粧品法に基づいて、必要な基準を満たす必要があります。複数の試験や承認が必要なため、有害生物駆除剤の登録費用は高額になります。さらに、承認までにかかる時間が長いことも、メーカーにとっては負担となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]