酸化ストレスアッセイの市場規模、2025年に13億2600万米ドル到達予想

酸化ストレスアッセイの市場規模は、2020年の8億3600万米ドルからCAGR9.7%で成長し、2025年には13億2600万米ドルに達すると予想されています。同市場の成長は、バイオ医薬品産業や公的機関による学術研究への資金提供の増加などによるものです。市場成長を促すその他の要因としては、創薬のためのHCS(high content screening)のような技術の進歩、バイオテクノロジーや製薬産業における研究開発費の増加、製薬産業やバイオテクノロジー産業に対する政府の支援などが挙げられます。

COVID-19が酸化ストレス測定法市場に与える影響

COVID-19は、世界中の研究・製造活動に影響を与えるため、酸化ストレスアッセイ市場への影響は低~中程度と予想されます。COVID-19が企業や金融市場に与えた経済的影響は好ましくないものでした。株式市場の変動やパンデミック時の経済成長の低下は、多くの産業に影響を与えました。酸化ストレスアッセイ市場は、政府の厳しい規制、サプライチェーンの混乱、研究開発活動の低下などにより、若干の影響を受けました。一方で、学術研究やその他の商業活動が活発化していることから、市場は今後数年間で回復すると予測されます。

牽引要因:バイオ医薬品およびバイオテクノロジー産業の成長

医薬品市場は、2018年の1兆2000億米ドルから2023年には1兆5000億米ドルを超え、CAGR3~6%で成長すると見込まれています(出典:The Global Use of Medicine in 2019 and Outlook to 2023)。また、バイオ医薬品市場は、2018年に2750億米ドルとなり、毎年12~13%の成長が見込まれています(出典:16th Annual Report and Survey of Biopharmaceutical Manufacturing, April 2019)。酸化ストレスアッセイは、バイオ医薬品の生産に使用される細胞培養で広く使用されています。このため、酸化ストレスアッセイの最大のエンドユーザーは、バイオ医薬品企業とバイオテクノロジー企業です。これらの産業の急成長が、酸化ストレスアッセイ市場の成長を促進すると期待されています。

抑制要因:装置のコスト高

酸化ストレスアッセイのためのHCSやラベルフリー検出技術は、従来の技術に比べて多くの利点があります。これらの機器は、高度な機能を備えているため、価格が高くなります。例えば、HCSに使用される共焦点顕微鏡は、25万米ドルもの価格になります。そのため、研究開発予算の少ない企業では、このような高価な機器を購入することができません。一方、製薬会社では、このようなシステムを多数必要とするため、資本コストが大幅に増加してしまいます。さらに、学術研究機関では、予算が限られているため、このようなシステムに投資することは困難です。このように、技術の進歩に伴う高コストが、市場全体の成長を妨げる要因となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]