バイオセンサーの市場規模、2026年に367億米ドル到達予測

バイオセンサーの市場規模は、2021年の255億米ドルからCAGR7.5%で成長し、2026年には367億米ドルに達すると予測されています。バイオセンサー市場の主な成長要因としては、ナノテクノロジーを利用したバイオセンサーの登場、技術進歩、糖尿病患者の血糖値モニターとしてのバイオセンサーの使用増加、COVID-19パンデミックによる家庭用ポイントオブケア機器の需要急増、診断に対する政府の取り組みなどが挙げられます。

牽引要因:ナノテクノロジーを利用したバイオセンサーの登場

ナノテクノロジーを利用したバイオセンサーは、ナノマテリアルで構成されており、その寸法は1~100nmです。これらのバイオセンサーは、バイオセンシング技術のメカニズムを感知する上で重要な役割を果たしています。ナノマテリアルのデバイスを電気システムと統合することで、ナノエレクトロメカニカルシステムの開発が進められています。あるエネルギーを別のエネルギーに変換するという生物学的なシグナル伝達やトランスダクションのメカニズムを改善するために、いくつかのナノ材料の電子的および機械的な特性が研究されてきました。ナノチューブ、ナノワイヤ、ナノロッド、ナノパーティクル、結晶体からなる薄膜などが広く使われています。これらのセンサーは、グルコースを酵素的に検出するためのアンペロメトリックデバイス、量子ドットの結合を検出するための蛍光剤としての使用、生体分子を検出するためのバイオコンジュゲートナノマテリアルなど、様々な用途に使用することができます。

抑制要因:商業化の遅れと新治療法への消極的な姿勢

バイオセンサーの価格が高いことや、需要が医療業界に限られていることから、バイオセンサー技術の商業化が遅れています。軍事、バイオディフェンス、発酵制御、環境モニタリングなど、医療以外の用途でのバイオセンサーの商品化は、研究開発や成果が限られているため、業界のプレーヤーにとっての課題となっています。また、バイオセンサー市場は、敏感な価格変動、エンドユーザーからの受け入れ、製品の品質、真正性、信頼性に関する懸念などの理由により、商業化が遅れています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]