EPDMの市場規模、2026年に12億1400万米ドル到達予測

EPDM (エチレンプロピレンジエンゴム)の市場規模は、2021年の8億5600万米ドルからCAGR7.2%で成長し、2026年には12億1400万米ドルに達すると予測されています。EPDM市場は自動車分野の回復によって牽引されています。 APAC(アジア太平洋地域)は、中国、インド、日本、その他の東南アジア諸国などを中心とした、自動車産業が盛んな地域です。

COVID-19によるEPDM市場への影響

2020年のEPDM市場は、COVID-19パンデミックによるサプライチェーンの混乱と、最終用途産業の減少が影響し、2019年と比較して数量ベースで12.9%減少しました。原油の探鉱・生産活動が減り、エチレンやプロピレンなど原材料が減少しました。また、自動車などのエンドユース産業も、2020年第1~3四半期の生産量が、2019年の同時期に比べて26%減少しました。最終用途産業からの需要の減少は、EPDMの生産にさらなる影響を与えました。

牽引要因:アジアにおける自動車セクターの回復

2018年から2019年の自動車部門の成長は縮小傾向でした。景気の減速、新排ガス規制、半導体チップの不足、車の所有からレンタルへのシフトなどが、その理由となっています。パンデミックの影響で、2020年には自動車の需要がさらに減少しました。アジアは、自動車の一大市場を担っており、世界の自動車生産台数の50%以上を占めています。中国、インド、日本、およびその他の東南アジア諸国は、自動車生産に関わる主要な地域です。自動車分野における技術開発とイノベーションは市場を強化します。中国では、COVID-19の影響で自動車部門が当初減少したにもかかわらず、その後の自動車生産台数は2019年の同時期と比べて増加しています。また、電気自動車やハイブリッド車など、新エネルギー車の需要が増加しています。アジアの自動車産業は、中国の自動車産業の着実な改善により、2022年までに回復すると予想されています。

抑制要因:市場におけるEPDMの供給過多

EPDMの需要は、自動車や建設などの最終用途産業からの需要に依存しています。EPDM市場は、米国やアジアでの生産能力の増加により、供給過剰に直面しています。エンドユーザーからの需要の変動により、各社はEPDMの生産量を減らしています。自動車はEPDMの最大の消費部門です。自動車の生産台数の減少は、EPDMの需要を減少させました。また、中東諸国からの安価なEPDMも、市場の需要と価格の低下につながりました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]