超音波検査の市場規模、2026年に42億米ドル到達予測

超音波検査の市場規模は、2021年の30億米ドルからCAGR7.1%で成長し、2026年には42億米ドルに達すると予測されています。超音波技術は、主にエンジニアリング産業において、構造物、機器、部品、材料のさまざまな特性を、損傷を与えることなく評価するために使用されます。超音波検査は、製品の欠陥をタイムリーに評価・診断するための非常に有用な技術です。完成品や仕掛品(WIP)の表面および地下の欠陥を早期に検出することができるため、製造工程における重要な品質管理ツールとなります。超音波検査は、工場の建物、プラットフォーム、橋梁、鉄道、配管システム、産業機械などの産業資産や公共インフラの欠陥や構造的完全性を検出するために使用されます。公共の安全と製品の品質に関する政府の厳しい規制や、電子機器、自動化、ロボット工学の継続的な進歩が、超音波市場の成長を促す主な要因となっています。また、IoTデバイスの導入が進み、老朽化した資産の健全性を評価する必要性が高まっていることも、NDT・検査市場の発展を後押ししています。

COVID-19による超音波市場への影響

COVID-19は、超音波検査市場の成長に深刻な影響を与えています。石油・ガスや航空宇宙など、主要な垂直市場向けの超音波機器・サービスの売上高は、ウイルスの進行状況に応じて、2020年度は5~8%減少しました。新規の石油・探鉱プロジェクトの減少、生産設備の一時的な停止、原油価格の低下などが超音波市場の成長を制限しました。

牽引要因:公共の安全と製品の品質に関する政府の厳しい規制

機械の複雑化、正確な製品使用方への要求の高まり、労働者の安全を確保するための政府規制、厳格な品質管理要求の高まりなどが、超音波機器・サービス市場の成長を促進する主な要因となっています。また、原子力発電所の放射能漏れ、パイプラインの爆発、製油所の爆発など、インフラの故障が相次いでいることから、各国政府は厳しい安全規制を導入しており、超音波装置やサービスの需要を高めています。

抑制要因:超音波機器の操作技師の不足

効果的な超音波・検査サービスを提供するための高度な資格を持った人材への需要が高まっています。超音波検査に必要なスキルセットを備えた有能な人材の確保は、企業にとって戦略上の課題となっています。政府の厳しい規制や、超音波探傷技術の複雑さから、熟練した技術者の必要性が高まっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]