保険アナリティクスの市場規模、2026年に206億米ドル到達予測

保険アナリティクスの市場規模は、2020年の88億米ドルからCAGR15.1%で成長し、2026年には206億米ドルに達すると予測されています。顧客体験の向上への関心と、デジタル化の進展が、市場の成長を促進すると考えられます。しかし、サイバー攻撃とその脅威の増加は、市場の成長を抑制すると予想されます。保険会社によるクラウドベースのデジタルソリューションの必要性や、COVID-19による、デジタル体験を通じた新たな顧客エンゲージメントへの加速などが、市場機会を生み出しています。

COVID-19が保険アナリティクス市場に与える影響

複数の保険会社がデジタル化への投資を加速し、事業継続モデルのギャップを解消しています。リスクを軽減するための、第三者のデータの統合は、緊急性を増しています。この状況下で、顧客は保険の重要性を再認識しています。企業は投資を続け、顧客のアクセスを可能にすると同時に、アンダーライターが今後のリスクについて十分な情報を得られるようにしなければなりません。COVID-19のような緊急事態には、保険会社は信頼できるデータソース、実用的な洞察力、迅速な管理手段をシームレスに統合して、不確実な状況を乗り切る必要性があります。データを活用し、デジタル化と分析に投資することで、保険会社はこの困難な状況を乗り切り、業界を前進させることができます。

牽引要因:ビッグデータと予測モデリング機能へのニーズ

保険会社にとってデータは最も価値のある資産であり、予測分析は企業がデータを最大限に活用するのに役立ちます。COVID-19パンデミックは、変化を予測する能力が非常に重要であることを保険会社に示しました。予測モデリングは、変化が正確に行われているかどうか確認するための、素晴らしいツールです。保険ソフトウェアの予測モデリング機能は、料金改定や新商品の定義と提供をより効率的に行うのに役立ちます。ビッグデータを組み合わせることで、保険会社は顧客の行動を予測し、引受プロセスをサポートするなど、価値あるインサイトを得ることができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]