ポータブル発電機の市場規模、2026年に25億米ドル到達予測

ポータブル発電機の市場規模は、2021年の18億米ドルからCAGR6.7%で成長し、2026年には25億米ドルに達すると予測されています。停電時のバックアップ電源へのニーズが、ポータブル発電機市場の成長を促進する主な要因となっています。

COVID-19のポータブル発電機市場への影響

2020年前半、COVID-19により各国がロックダウンの実施を余儀なくされたため、ポータブル発電機市場の成長を鈍化させました。政府や地方自治体から厳しいガイドラインが出され、必要のない業務はすべて停止されました。これにより、エンドユーザーの活動が停止し、ポータブル発電機市場に悪影響を及ぼしました。加えて、第2四半期には生産やサプライチェーンの遅れも見られ、エンドユーザーの産業がフル稼働していないことから、ポータブル発電機市場にとっては厳しい状況となりました。

牽引要因:系統インフラの老朽化と異常気象による停電の増加

送電・配電インフラは各国の電力部門の基幹であり、送電インフラの老朽化は停電の影響を受けやすくなります。適切にアップグレードされていない送電システムは、追加の電力負担に耐えられず、システムの故障を招き、停電の原因となることもあります。先進国の送配電網はかなり前に整備されたものであり、定期的にメンテナンスを行っていても、一定の年数が経過すれば、インフラは弱まります。全米規制公益委員会によると、石炭、ガス、原子力の各発電所が効率よく稼働するのは約40年間であり、アメリカ、イギリス、ドイツなどの国々では、老朽化した発電・送電・配電インフラの交換に力を入れています。

抑制要因:ポータブル発電機の発電能力の限界

ポータブル発電機による発電量は限られており、通常の電力供給の代替としてのみ利用でき、一時的、緊急の目的で使用されます。発電機は限られた負荷にしか対応できないため、負荷が増加した場合には、より高い定格出力の発電機や追加の発電機が必要となります。負荷の増加に伴い、ポータブル発電機のサイズも大きくなり、機動性に影響を与えます。ポータブル発電機は、平均稼働時間が12時間未満の一時的な使用を目的として設計されています。出力は、500Wから20kW程度を備えています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]