2K保護コーティングの市場規模、2025年に108億米ドル到達予測

2K保護コーティングの市場規模は、2020年の86億米ドルからCAGR4.8%で成長し、2025年には108億米ドルに達すると予測されています。APAC(アジア太平洋地域)における土木建築やインフラ業界からの需要の高まりが、2K保護コーティング市場を後押しすると考えられます。

COVID-19の2K保護コーティング市場への影響

COVID-19の発生により、塗料やコーティング剤の製造に使用される原材料の生産が妨げられています。インド、中国、日本、シンガポール、タイなどのアジア諸国は、塗料やコーティング剤の製造拠点であり、これらの原材料の主要な供給元となっています。APACにおける新型コロナウイルスの発生は、これらの原材料の供給に影響を与えています。例えば、中国は樹脂の主要な供給国の一つであり、世界市場に100万トンの樹脂を輸出しています。原材料の供給が途絶えたことで、塗料やコーティング製品の生産量が減少しています。

牽引要因:土木建築およびインフラ産業からの需要の増加

2K保護コーティングは、土木建築物やインフラ産業において、床材、木材仕上げ材、内壁・外壁、橋梁、プール、ドア、天井などに使用されています。2K保護コーティングは、塗布された表面に薄い膜を形成し、構造物の寿命と安定性を高めるために使用されます。橋梁、高速道路、インフラプロジェクトでは、基本的に長期間の安定性と酸性雨などの厳しい気象条件に耐える必要があります。構造物の劣化は、金属表面の錆び、色あせ、コンクリートのひび割れ、雨漏り、藻やカビなどの微生物の繁殖などを引き起こします。これらは、直接的または間接的に建築物の寿命に影響を与え、交換やメンテナンスのコストを増加させる可能性があります。防水コーティングは通常、バスルーム、キッチン、ホテル、スイミングプールなどの壁や床に塗布され、水漏れを防ぎ、湿気による構造物の劣化を防ぎます。APACでは、インフラ・建設業界が急成長しています。APACは、インフラストラクチャ・コンストラクション分野において、最大かつ最も成長している市場の一つです。

抑制要因:原材料とエネルギーの価格高騰

2K保護コーティングは非常にコストが高く、製造コストも上昇しています。原油価格の変動や為替の変化により、原材料の価格が上昇しています。2K保護コーティングの原材料は、価格的にもかなり差があります。アクリルは最も安価な素材です。エポキシは最も高価な素材になります。原材料の価格に加えて、メーカーはエネルギーの増税による追加コストを負担しており、その結果、営業コストが上昇し、利益率が低下しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]