オリゴヌクレオチド合成の市場規模、2026年に141億米ドル到達予測

オリゴヌクレオチド合成の市場規模は、2021年の63億米ドルからCAGR17.6%で成長し、2026年には141億米ドルに達すると予測されています。この市場成長を促進する主な要因は、合成したオリゴの治療用途での使用、政府の資金援助、個別化医療への関心などが挙げられます。

COVID-19がオリゴヌクレオチド合成市場に与える影響

COVID-19パンデミックの状況下で、オリゴヌクレオチド合成市場のプレーヤー、既存の製薬会社やバイオ製薬会社は、こぞってオリゴ製品を利用した、検査キット、治療法、ワクチンの開発に名乗りを上げています。COVID-19の研究において、各企業が様々な取り組みを行い、プローブやプライマーなどの幅広いオリゴヌクレオチド製品を使用することで、コロナウイルスに対する理解を深めることができました。この点で、COVID-19は、オリゴヌクレオチド合成市場に一定のポジティブな影響を与えています。一方で、2020年にCOVID-19パンデミックで課せられた規制により、オリゴヌクレオチド合成医薬品の売上が若干減少しています。

牽引要因:合成生物学やゲノムプロジェクトへの政府の投資

近年、各国政府は合成生物学やゲノム分野に関連するプロジェクトに多額の投資を行っています。このような政府の投資は、新技術の開発に大きな役割を果たしています。オリゴはこれらの技術に不可欠な要素であり、これらの分野での資金調達や開発の増加は、オリゴヌクレオチドの市場成長を促進します。

抑制要因:オリゴ治療に伴う複雑さ

病気を治療するための治療薬としての合成オリゴの重要性は、過去10年間で著しく高まっています。この成長の主な要因としては、ヒトゲノムの特定に伴うターゲットの増加、アンチセンスオリゴの進歩、2本鎖siRNAオリゴの開発などが挙げられます。また、治療用オリゴは、ウイルス感染症、呼吸器系疾患、がん、デュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)、嚢胞性線維症、血栓性血小板減少性紫斑病などの希少疾患も含め、さまざまな疾患の治療に役立ちます。一方、過去には重篤な副作用などの問題のために、多くの医薬品が販売を取り下げられたり、臨床試験の段階で失敗する事例がありました。このような事例は今後も繰り返される可能性があり、市場の成長を一定程度抑制する可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]