炭化ケイ素繊維の市場規模、2025年に12億6200万米ドル到達予測

炭化ケイ素繊維の市場規模は、2020年の3億8200万米ドルからCAGR27.0%で成長し、2025年には12億6200万米ドルに達すると予測されています。航空機や陸上のガスタービンエンジンメーカーからの需要増加や、炭化ケイ素繊維メーカーの生産能力拡大が、市場の成長を牽引すると予想されます。しかし、COVID-19状況下の、工場の操業停止、サプライチェーンの中断、エンドユース産業からの需要の減少は、市場にマイナスの影響を与えています。

COVID-19が炭化ケイ素繊維市場に与える影響

COVID-19パンデミックによる、航空機の発注数の減少とサプライチェーンの混乱により、炭化ケイ素繊維を採用した航空機モデルの生産が減少しています。主要な民間航空機メーカーが生産を停止したため、米国、フランス、ドイツ、英国、中国などの航空宇宙市場からの、炭化ケイ素繊維の需要が減少しました。

COVID-19問題による航空宇宙産業への政府の刺激策

COVID-19の発生に伴い、金融危機と流動性の低下が航空宇宙産業と炭化ケイ素繊維の需要を直撃しました。GDPを回復させるために、米国政府は航空宇宙産業に対して様々な刺激策を発表しています。景気刺激策により、国内の航空宇宙分野のサプライチェーンを円滑にすることで、炭化ケイ素繊維の需要を促進します。

COVID-19パンデミックによるサプライチェーンの混乱と生産能力の低下

COVID-19パンデミックの影響で、主要経済国の多くが、不要不急の商品の生産が停止しています。Boeing社やAirbus社が生産を縮小したため、航空宇宙産業における炭化ケイ素繊維の消費に影響を与えました。米国、日本、フランス、中国、ドイツなどの航空宇宙・防衛分野の主要国におけるロックダウンにより、炭化ケイ素繊維の需要が減少しています。このパンデミックの状況下で操業している企業は、社会的な距離を置く規範を満たすために、労働力の削減を余儀なくされています。これらの要因が、さらに、炭化ケイ素繊維市場の成長を抑制しています。

炭化ケイ素繊維のコスト削減

新規プレイヤーの参入により、炭化ケイ素繊維を製造するための技術が促進され、大量生産が可能になり、価格も低下することが考えられます。例えば、宇部興産株式会社は、2025年に炭化ケイ素繊維の量産を開始する予定です。同社は、炭化ケイ素繊維の生産能力を200トンに拡大する予定です。炭化ケイ素繊維のコストは今後10年間で大幅に低下することが予測され、炭化ケイ素繊維メーカーには新たな業界進出の機会がもたらされます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]