ウェアラブル決済デバイスの市場規模、2026年に820億米ドル到達予測

ウェアラブル決済デバイスの市場規模は、2021年の430億米ドルからCAGR13.6%で成長し、2026年には820億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長は、COVID-19の影響による非接触型カードやウェアラブルデバイスの導入の急増、安全でセキュアな決済取引のための非接触型決済への需要の高まり、NFC(Near Field Communication)技術の導入の拡大などが主な要因となっています。

COVID-19のウェアラブル決済デバイス市場への影響

COVID-19パンデミックによるウェアラブル決済デバイス市場への深刻な影響はありませんでした。COVID-19後の健康への関心の高まりにより、ウェアラブルデバイスの需要が高まっています。このパンデミックにより、ウェアラブルデバイスの重要性と有用性が浮き彫りになりました。ユーザーは、個人の健康状態を定期的に測定、監視、継続的に評価するためにウェアラブル機器を導入しています。また、パンデミックの影響で、非接触型決済の導入に対する意識が高まっています。汚染のリスクを考慮して、現金からスマートフォンやウェアラブル機器によるデジタル決済への移行が加速しています。非接触型決済は、このパンデミックに対抗するための安全性の確保とともに、ビジネスの推進にも役立つため、すべての企業にとって不可欠なソリューションとして浮上しています。

牽引要因:非接触型の決済手段への関心の高まり

ウェアラブル決済とは、NFCやRFIDなどの無線技術を搭載したウェアラブルデバイスを使って行う決済のことです。ウェアラブル端末は、顧客に便利な非接触型の決済手段を提供するだけでなく、特にCOVID-19の発生後は、安全性と衛生性を確保することができます。COVID-19の流行により、顧客は衛生上の理由からキャッシュレスでの取引を好むようになりました。そのため、いくつかの金融機関、銀行、決済サービスプロバイダーは、デジタルペイメントアジェンダの受け入れを開始しています。しかし、顧客満足度を確保するためには、これらの決済デバイスに、より強力なセキュリティ対策を適用する必要があります。

抑制要因:ウェアラブル決済デバイスのバッテリー消耗問題

デバイスがスムーズに動作するためには、定期的に充電することが不可欠です。デバイスの放電は、データの不備やデータクラスタの欠落につながる可能性があり、ひいては決済プロセスにも影響を与えます。技術やフォームファクターの向上により、ウェアラブル決済デバイスはこれまで以上に小型化しており、決済機能を使うために小型のバッテリーが必要となっています。さらに、ウェアラブル機器が高度なオペレーティングシステムを搭載している場合、高いバッテリーバックアップが必要になります。しかし、携帯電話ネットワークにデバイスを直接接続すると、ウェアラブルデバイスのバッテリーがすぐに消耗してしまい、バッテリー寿命に悪影響を及ぼす可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]