航空機向けオプトロニクスの市場規模、2025年に25億米ドル到達予測

航空機向けオプトロニクスの市場規模は、2020年の14億米ドルからCAGR12.7%で成長し、2025年には25億米ドルに達すると予測されています。同市場は、民間航空機や戦闘機の増加、無人航空機へのエレクトロオプティクスの導入拡大など、さまざまな要因によって牽引されています。

COVID-1の航空機向けオプトロニクス市場への影響

航空機向けオプトロニクス市場には、主要プレイヤーであるNorthrop Grumman Corporation(米国)、Thales SA(フランス)、Safran(フランス)、FLIR Systems(米国)、Elbit Systems(イスラエル)などが参加しています。これらの企業は、北米、欧州、アジア太平洋、中東、アフリカ、ラテンアメリカなど、さまざまな国で事業を展開しています。COVID-19は彼らのビジネスにも影響を与えています。業界の専門家は、COVID-19が2020年の同市場の生産やサービスに与える影響は、7~10%程度と考えています。

牽引要因:近代化と技術の進歩

世界の主要地域では、技術的な変化による近代化が進んでいます。安全上の脅威が多様化していることで、意思決定プロセスでの画像の使用が重要化しています。増大するセキュリティ上の脅威に対抗し、意思決定プロセスを迅速に行うために、エレクトロオプティクス技術の使用が促進されています。そのため、軍隊では、安全保障上の脅威に対処するために、エレクトロオプティクスシステムを十分に強化する必要があります。エレクトロオプティクスシステムは、航空宇宙分野の非破壊検査にも使用されており、国境警備局では侵入を監視するために使用されています。様々な地域でテロ活動が増加しているため、高度な監視システムが必要とされています。技術の進歩により、さまざまな用途に使用できる高機能なエレクトロオプティクスシステムの開発が進んでいます。イメージングセンサーの分野での進歩により、エレクトロオプティクスシステムの監視範囲やターゲットの検出範囲が拡大しています。そのため、エレクトロオプティクスシステムは、その能力の高さから、幅広い用途で採用されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]