レンタカー産業、2025年までに世界市場は1200億米ドル規模に到達見込み(Lucintel発行レポートより)

Lucintelが発行した最新レポートによると、世界のレンタカー産業は、ビジネスやレジャー旅行産業での市場機会が有望です。同市場は、2020年から2025年にかけて6.1%のCAGRで成長すると予測されています。市場の主なドライバーは、拡大する世界のツーリズム産業、国際航空旅客数の増加、所得水準の上昇などが挙げられます。

レンタカー市場では、さまざまなタイプの車両が空港や空港外でレンタルされます。Lucintelは、場所別では空港が今後も最大の市場であると予測しており、国内およびインバウンド観光の増加、空港での乗客の流れの増加、およびインフラストラクチャの改善により、予測期間中に最大の成長を遂げると予想しています。セグメント別では、空の旅と国内観光の成長により、レジャー旅行者が予測期間中も最大のシェアを維持するでしょう。

北米は、レンタカー採用の増加と企業旅行の増加により、引き続き最大の地域と予測されています。アジア太平洋地域では、急速な都市化と国内旅行者の旅行支出の増加により、予測期間中に最大の成長が見込まれています。

業界のダイナミクスに直接影響を与える新しいトレンドには、デジタル化によるユーザーエクスペリエンスの向上、レンタカー会社のフリートでのグリーン車の追加、ドライバーを雇う代わりに自動運転を選択するという概念が含まれます。

世界のレンタカー業界の主要なサービスプロバイダーは、Enterprise Rent-A-Car、Hertz Group AG、Avis Budget Group Inc.、Uber, Europcar Mobility Group S.A.、Redcap Tour、ANI technologies Pvt. Limited、Sixt AGなどです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]