リチウム化合物、2025年までに世界市場は84億米ドル規模に到達見込み(Lucintel発行レポートより)

Lucintelが発行した最新レポートによると、世界のリチウム化合物市場は、リチウムイオン電池、ガラスとセラミック、潤滑剤、ポリマー、冶金、および空気処理産業が有望です。同市場は、2025年までに84億米ドル規模に達し、予測期間中は16%のCAGRで成長する見込みです。市場の主なドライバーは、電気自動車の生産量の増加、携帯用電子機器の成長、および鉛酸に比べて環境への影響が少ないリチウム電池などが挙げられます。

リチウム化合物市場では、炭酸リチウム、水酸化リチウム、リチウム濃縮物、リチウム金属、塩化リチウム、ブチルリチウムなど、さまざまなリチウム誘導体が、リチウムイオン電池、ガラスおよびセラミック製品、潤滑剤の製造に使用されています。

材料別では、電気自動車やスマートフォンでのリチウムイオン電池の需要の増加により、炭酸リチウムが予測期間中も最大のシェアを維持すると予測しています。

最終用途別では、リチウムイオン電池が引き続き最大シェアを占める見込みです。電気自動車、スマートフォン、他のポータブル電子機器における長寿命電池や、高エネルギー密度の需要増加により、予測期間中に最大の成長が見込まれています。

地域別では、電気自動車の成長とスマートフォンの需要が増加中のアジア太平洋が引き続き最大のシェアを占め、予測期間中に最高の成長が見込まれています。

業界のダイナミクスに直接影響を与える新しいトレンドには、リチウムポリマーバッテリーの需要の増加が含まれます。主要なリチウム化合物メーカーは、 Ganfeng Lithium、Albemarle、SQM、FMC、およびTianqi Lithiumです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]