工具用複合材料、2025年まで世界市場は5.2%のCAGRで成長予測(Lucintel発行レポートより)

Lucintelが発行した最新レポートによると、世界の工具用複合材料は、風力エネルギー、自動車、航空宇宙、海洋、消費財、建設業界での市場機会が有望です。同市場は、2020年から2025年にかけて5.2%のCAGRで成長すると予測されています。市場の主なドライバーは、軽量ツール需要の増加、部品製造のリードタイムの短縮、さまざまなエンドユーザー産業への複合材の進出です。

複合材料から成る工具は、エポキシ、BMIなどの適切なマトリックス(樹脂)と混合されたガラス繊維または炭素繊維で作られています。包括的な研究に基づいて、Lucintelは、ガラス繊維ベースの複合材料が最大の材料セグメントであり続けると予測しており、予測期間中に最大の成長を遂げると期待されています。

風力エネルギーは、米国およびアジア太平洋地域での風力MWの設置の増加とブレードの長さの増加により、今後も同市場最大の用途である見込みです。航空宇宙用途向けの複合ツールは、予測期間中に最高の成長が見込まれます。複合工具は、一次構造や二次構造など、航空宇宙のさまざまなアプリケーション向けに、軽量で寸法精度が高く、手頃な価格の工具を提供しています。

地域別では、北米が引き続き最大の地域であり、風力エネルギー、航空宇宙、海洋産業の成長により、予測期間中に最高の成長が見込まれます。

業界のダイナミクスに直接影響を与える新たなトレンドには、金型用の金属・複合材料の使用の増加が含まれます。 Gurit、Solvey cytec、Hexcel Corporation、Airtech Advanced Materials Group、および東レは、世界の工具用複合材料の主要メーカーです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]