世界の電気・電子産業向け複合材料用難燃性樹脂市場、2025年までに推定22億ドル規模突破見込み(Lucintel発行レポートより)

電気・電子産業向け複合材料用難燃性樹脂市場は、PCB、電気エンクロージャー、および電子部品アプリケーションにおいて市場機会があると予測されています。難燃性樹脂市場は、2025年までに推定22億ドルに達し、2020年から2025年までのCAGRは4.6%になる見込みです。家電業界でのFR4ラミネートの需要増加と、火災および安全へのより厳しい規制が同市場の主要ドライバーとなっています。

電気・電子産業向け複合材料用難燃性樹脂市場に直接的影響を与える新たなトレンドに、PCB製造におけるハロゲンフリー難燃性樹脂の使用増が挙げられます。

同市場の主要企業として、Hexion、Olin、Huntsman、Nan Ya Plastics、住友ベークライトなどが当レポートに含まれます。

Lucintelは、包括的な調査に基づきエポキシ樹脂が今後も同市場最大のセグメントであると予測しています。家電および通信業界でのPCB需要の増加により、予測期間中に最高の成長が見込まれています。

地域別では、アジア太平洋地域が金額およびボリュームで最大のシェアを維持し、中国、台湾、日本、韓国ではPCBの高生産による最大の成長が見込まれています。

電気・電子産業向け複合材料用難燃性樹脂市場
本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]