世界の自動車用接着剤市場、2025年までに112億米ドル規模に到達見込み(Lucintel発行レポートより)

Lucintelによると、世界の自動車用接着剤市場は、乗用車および小型商用車分野に将来性がある見通しです。同市場は、2020年から2025年までCAGR5.1%で成長を続け、2025年までに推定112億米ドルに達すると予想されています。世界の自動車用接着剤市場の主な成長ドライバーには、車両製造における軽量材料の需要の増加と、車両を軽量化しより高い燃費要件を満たすために行われているメカニカルファスナーから接着剤への置換の2つが挙げられます。

世界の自動車用接着剤市場では、エポキシ、ポリウレタン、アクリル接着剤が、さまざまな自動車向けアプリケーションに使用されています。Lucintelは、低価格、耐久性、性能により、ポリウレタン接着剤が今後も最大のセグメントを占めると予測しています。エポキシ接着剤は、その高い強度、化学物質や環境に対する耐性、そして多種多様な材料への接着能力の高さから、予測期間中に最高の成長が見込まれています。

世界の自動車用接着剤市場では、小型車やコンパクトカーの生産の伸びにより、乗用車向け接着剤が今後も最大セグメントとなる見込みです。Lucintelは、小型商用車用の接着剤が商用車の販売増加に支えられ、予測期間中に過去最高の成長を遂げると予測しています。

地域別では、引き続きアジア太平洋地域が最大の市場であり、中国、日本、インド、およびその他のアジア諸国の自動車産業の成長により、予測期間中に最大の伸び率を記録すると期待されています。

業界のダイナミクスに直接影響を与える新しいトレンドには、車両における複合材料と軽量材料の使用の増加、さまざまな自動車用途における新しいシリコーンベース導電性接着剤の使用、そして二液型ポリウレタン接着剤の用途の増加が含まれます。自動車用接着剤の主要メーカーは、Henkel、3M、Sika、Arkema、HB Fullerです。

【当レポートは、次の11の問いにお答えします】

  • Q1 自動車用接着剤市場のうち、樹脂タイプ(エポキシ、ポリウレタン、アクリルなど)、車両タイプ(乗用車、小型商用車)、用途(内装、外装)、構造(構造的、非構造的)、地域(北米、欧州、アジア太平洋、その他の地域)別に、最も成長率が高く有望な市場機会が見込める分野はどれか?
  • Q2 より急速に成長するセグメントおよびその理由
  • Q3 最も急速に成長する地域およびその理由
  • Q4 市場のダイナミクスに影響を与える主な要因、および市場の主な課題とビジネスリスク
  • Q5 ビジネス上のリスクと競争上の脅威
  • Q6 市場の新トレンドとその根拠
  • Q7 顧客の需要の変化
  • Q8 市場における新たな開発動向とリーディングカンパニー
  • Q9 市場の主要プレーヤーと戦略的イニシアチブ
  • Q10 競合する商品。材料または商品の代替により生じる市場シェア損失の脅威について
  • Q11 過去5年間に起きたM&A活動とその影響
本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]